Windows10 タスクバーアイコンを小さくしたら使いやすくなった!!

Windows10 タスクバーアイコンを小さくしたら使いやすくなった!! Windows10

初期設定のままでWindows10パソコンを使っているとタスクバーが狭くないですか。おまけにコルタナさんという余分に大きな顔をしているアプリもあるしね・・・・。

 

というわけで、今回はWindows10でデスクトップに表示されている、アイコンやタスクバーの大きさを変更する方法についてご紹介したいと思います。

 

まずは初期設定をちょっと弄ってコルタナさんに小さくなって貰い、タスクバーアイコンも小さくしてタスクバーを広く使えるようにしてみましょう。

スポンサーリンク

コルタナさんを小さくする

最初にコルタナさんを小さくしてみましょう。先ずはコルタナさんの空欄を右クリックします。

コルタナさんを小さくする

サブメニューが表示されます。

サブメニューが表示

サブメニューの上の方に「Cortana」があるので、そこまでマウスを持っていくと更に「Cortanaアイコンを表示」というサブメニューが出てきます。

それをクリックしてください。

「Cortanaアイコンを表示」

コルタナさんが丸いアイコンだけに変わります。

コルタナさんが使えなくなる、と心配かも知れませんが安心してください。

コルタナさんに用事があるときはここをクリックするとその上に質問枠がでてきます。

コルタナさんが丸いアイコンに変わります

タスクバーアイコンも小さくする

タスクバーが広くなったのでついでにタスクバーアイコンも小さくして見ましょう。
タスクバーの何もないところを右クリックします。

タスクバーアイコンも小さくする

サブメニューが表示されるので「タスクバーの設定」をクリックします。

タスクバーの設定

「タスクバーの設定」メニューが表示されました。

タスクバーの設定

「小さいタスクバーボタンを使う」を「オン」にします。

中のボタンを「オン」側に動かしてください。

「オン」になると同時にタスクバーのアイコンも小さくなり、スペースもたっぷりになったのではありませんか。

小さいタスクバーボタンを使う」を「オン」にします

まとめ・・・・

パソコンを使うときには、少しでも作業をする領域を広げた方が良いのは間違いありません。

タスクバーのアイコンを小さくすることによって、アイコンが多く収まり、スタートメニューからアプリを探しに行く時間も減りますのでそれだけ作業効率が高まります。

よく使うアプリはタスクバーに入れる。この習慣をつけるようにしてくださいね。