パソコンの「ユーザーアカウント制御」とはなんだろう!

ユーザーアカウント制御とはセキュリティ

初心者の方にアプリケーションのインストールをやって貰っているときに「変な画面が出たのですが・・・・」と聞かれる時がよくあるのですが、殆どがこの画面です。
「ユーザーアカウント制御画面」といって、我々シニア層や初心者の方にはちょっと理解しがたいかも知れませんが、ユーザーが予期せぬ変更に気付くことでシステムに不正な変更を実行させないための機能です。

ユーザー アカウント制御 (UAC)

ユーザーアカウント制御(UAC)とは

そこで今回はユーザーアカウント制御(UAC)の

確認画面(通知)の設定についてご説明しますので、

メリットとリスクを良く考えた上で、上手に活用しましょう♪

ユーザー アカウント制御 (UAC)とは

アプリケーションのインストールをやっているとき

とかパソコンの設定を変更する際に

管理者権限が必要になる操作を行うときなどに、

それをユーザーに通知するためのWindows標準機能です。

例えば悪意のあるプログラムが

パソコンの中にいつの間にか侵入しており、

ある時突然に動き出してスパイウェアやウィルスなどを

インストールしようとしたり、

セキュリティソフトを勝手に停止、

またはアンインストールしようとした時などに、

このユーザー アカウント制御から確認画面が表示されるので、

ユーザーはその自分の意図としていない操作に気が付くことができ

拒否することも可能になります。

そういう意味ではとても頼もしいWindowsのガードマンなんです!

ただ、先程は悪意のあるプログラムでの説明をしましたが、

実際には自分がやろうとしていた

アプリケーションのインストールやアンインストール、

また設定の変更とかでも

片っ端から確認画面を表示する

融通の利かない頑固者でもあるので

「鬱陶しいなあ・・」と感じることもしばしばあります。

その為、安全の為とはわかっていても

ユーザー アカウント制御は面倒に感じる人も少なくありません。

「ユーザーアカウント制御」は無効にしない

従ってパソコンに慣れている方々の中には、

アプリをインストールするときなどは

一時的にユーザーアカウント制御(UAC)の通知は無しに設定し、

アプリのインストールが終わったら設定を戻す

などされているようです。

また我々シニア層や初心者の方には絶対お勧めできませんが、

以前はユーザーアカウント制御なんてなかったんだし

(XPまでは)セキュリティソフトも万全だし、

ユーザーアカウント制御(UAC)通知はいらないよ!って

通知は無しにして使っている方も沢山おられます。

 まとめ・・・

ただし、この機能の無効化は

セキュリティに関するものなので一応非推薦です。

万が一の場合の不測の事態に

対処出来るだけの知識を持っている人以外には

おすすめできません。