皆さん、気をつけてね!!マルウェア付き日本語メールが件名を替えながら拡散しています

日本語マルウェアメールが拡散中 セキュリティ

今に始まったことではありませんが、メールに添付されたZIPファイルを開かせ、マルウェア(ウイルス)に感染させようとする不審な日本語メールが相変わらずというより以前にも増して大量に出回っているようです。

 

さまざまな件名や内容のメールが不特定多数宛てに送られており、

 

うっかりメールに付いている添付ファイルの中身を開いてしまったら、

 

最悪の場合、ネットバンキングで不正送金を引き起こすマルウェアや、

 

ファイルを暗号化して身代金を要求する悪名高きランサムウェアなどに感染してしまうおそれもあります。

スポンサーリンク

どのようなタイトルが多いのでしょう

どのようなタイトルが多いのでしょう

どのようなタイトルが多いのでしょう

不特定多数に送られている不審な日本語メールのタイトルには、

「作業日報」「契約書」
「請負契約書」「ご了承ください」

「請求文書」「修繕依頼」
「保安検査」

「年末年始についてのお知らせ」

「企画書」「履歴書」

など仕事関係の件名を思わせるものや、

 

ごく一般的に使うお知らせメールを装ったものとして

 

「メールボックスがほぼいっぱいです。」

「集荷申し込み完了のお知らせ」

「宅急便お届けのお知らせ」

「商品お届けのご案内」

「発送についてのご案内」

「(銀行)お振込受付のお知らせ」

「添付写真について」

 

「【重要】 緊急アップデートのお願い」

などの件名のものなど・・・・。

 

よくまあこんなに色々思いつくものだと感心します。
シニアや初心者の皆さん、気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

添付ファイルは

添付ファイルは

添付ファイルは

日本語メールの本文は、

それらしい業務で困っているかの様な本文もあれば、

 

本文のないものもあるのですが、

 

共通しているのはメールにZIPファイルが
添付されている点でしょうか。

 

ZIPファイルはWindowsでは「圧縮ファイル」
と呼ばれているもので、

 

単独や複数のファイルや

フォルダーをまとめて、ひとつのファイルにしたものもあります。

 

一連のメールに添付されているZIPファイルの中には、

マルウェアを仕掛けた実行ファイルが入っており、

 

そのファイルをうっかり開いたら、

マルウェアやウイルスに感染してしまい、

 

ネットバンキングの不正送金被害に発展したり、

文書ファイルや画像ファイルを暗号化されてしまって、

 

元に戻すためには代金を支払うように要求されたりすることになるかもしれません。

スポンサーリンク

こんなメールには要注意

上記で書いたタイトルのメール

差出人名が書かれてない

差出人名が日本語ではない

署名がない

まったく身に覚えのない件名

 

これらは不審なメールだと思って開封せずに削除をするのが賢明だと思います。

スポンサーリンク

添付ファイルの拡張子は

添付ファイルの拡張子は

またメールの添付ファイルは、

「開かない」を原則にし、

開く場合は、ファイルの拡張子や種類から
何のファイルかを必ず確認し、

危険なプログラムが
実行されるおそれのあるファイルの場合には、

知人である相手に電話で確認してから開くなど
最新の注意を心がけしてください。

 

ちなみに、一連の不審なメールなどに
添付されているZIPファイルの中身は、

ファイルの拡張子が「.js」「.exe」「.scr」
などの実行型のファイルが中心です。

 

ただ、時には「.xls」「.xlsx」など
エクセルのファイルと思わせて、マクロでウイルス
仕込んだものもありますから油断は禁物です。

ワードやエクセルを中心に
パソコンを習っているシニアの皆さん、気をつけてくださいね。

 

また添付ファイルだけではなく、

本文に書かれているリンクを安易にクリック

したりなどもしないように注意したいものです。

スポンサーリンク

Windowsを最新状態に

Windowsを最新状態に

なお、セキュリティアップデートを適用して
脆弱性を修正した最新状態のWindowsであれば、

 

不審なメールをそれと気付かずに開いてしまっても、

ただちにマルウェアに感染してしまうようなことは
めったに起こりません。

 

感染までには、次のようなステップがあるので、

どこかで踏みとどまり、

 

それ以上先に進まないようにすれば、
感染することはありません。

スポンサーリンク

感染へのステップ

1.メールを開く

2.本文のリンクを安易にクリック

3.メールの添付ファイルを開く

4.添付ファイルの中身を開く

5.警告を無視して実行する

 

使用しているメールソフトや
圧縮解凍ツールによっては、

 

(5)の警告画面が出ないこともあるかも知れませんが、
警告画面が表示されたら

 

必ず作業を中止するか、

 

面倒でもメールの差出人(この場合は知人に限る)
に電話で確認をとって見ましょう。

 

メールの添付ファイルを開いて警告が出るのは

「通常ではありえないこと」と認識しておいてください。

スポンサーリンク

セキュリティ対策ソフトウェアを過信しない

セキュリティ対策ソフトウェアを過信しない

いくらセキュリティ対策ソフトウェアの
パターンファイルが最新であっても、

 

不審なメールの添付ファイルは、

セキュリティ対策ソフトウェアでウイルスとして

検出されるまでに

 

数時間~数日かかる場合もありますから、

 


自分に心当たりのない不審なメールを貰った場合は

絶対開封しないように

注意するのが一番の対策です。

 

何度も言いますが・・・・・

シニア、初心者の皆さん、気をつけましょうね。