Gmailを使ってメールの作成から送信までの手順をわかりやすく解説します

Gmailを分かりやすく解説!! Gmail

新しくGmailを始めてみようかな、と思われている方々や、すでにGmailを使っているけど使いこなせないような方を対象に、Gmailを使って新しいメールを作成し、メールを送信するまでの手順について解説したいと思います。

 

まずはGmailにログインして下さい。

スポンサーリンク

Gmailを立ち上げる

Gmailを立ち上げると下の図のように「受信トレイ」が開いた状態で立ち上がります。

Gmailを立ち上げる

Gmailを立ち上げる

スポンサーリンク

新規メール作成画面

 

受信トレイ一覧画面の左端に「作成」というボタンがあります。

これをクリックすることによって新規メール作成画面が表示されます。

新規メール作成画面

新規メール作成画面

スポンサーリンク

宛先設定

「TO」と表示されたところをクリックします。
手打ちで入力しても良いのですが、打ち間違う確率が高いですから次項の「コンタクト」を使うのをお薦めします。必要に応じて「CC」や「BCC」欄にも追加してください。

宛先設定

宛先設定

 

「コンタクト」画面が立ち上がるので、送りたい宛先にチェックを入れて「選択」をクリックします。

コンタクト画面

コンタクト画面

 

「宛先」欄に名前とアドレスが貼り付けられました。

ちなみに、送信先アドレスなどが間違っていたりして
このアドレスを削除したい場合は、

送信メールアドレスの横に「×」印があるので、
それをクリックすると間違えて入力した後でも、
簡単に削除することができます。

アドレスが貼り付けられる

アドレスが貼り付けられる

スポンサーリンク

「件名」と「本文」

「件名」と表示されたところにメールの
タイトルをいれます。

タイトルは必ず入れるようにしましょう。
タイトルを見ただけで何のメールか大体分かるのが
理想です。

迷惑メールにされないためにもちゃんと書きましょう。


次に「本文」です。

要点を簡潔に書き、1行は30文字くらいで折り返すと
読みやすくなります。

また長文の場合は2~3行書くと行間を開けるように
したらこれもまた読みやすくなります。

書き終わったら「送信」ボタンをクリック。

「件名」と「本文」

「件名」と「本文」

スポンサーリンク

「送信完了」

送信完了したらその旨の表示が出ます。不安でしたら「送信済みメール」を開いて確認してください。

「送信完了」

「送信完了」

スポンサーリンク

まとめ・・・・

いかがでしたでしょうか。
以上で新規メールの作成と送信が完了しましたが、思っていた以上に簡単だったと思います

Gメールはパソコンを変えても、何の設定もなしですぐに使えますし、他人のパソコンからでもメルアドとパスワードさえ覚えていたら使うことができるすぐれものです。どんどん使い込んで下さいね。