【Windows10】でプログラム(ソフト)をアンインストールする方法

プログラムをアンインストール

Windows 10 になってから、従来の Windows 7 では無かった方法でアンインストールできるようになってきています。シニアの方や Windows 10 に慣れていない方は、しばらくは戸惑うかも知れませんね。

まず、スタート画面からアンインストールする方法と従来からのコントロールパネルからアンインストールする方法があります。

今後は今のスタート画面がどうやら主流になってくると思うので、プログラムのアンインストールなら、最初に紹介するスタート画面からアンインストールする方法を使っていく方がいいのではないかと思います。

スタート画面からアンインストールする方法

最初にスタート画面からアンインストールする方法から解説します。

デスクトップ画面

まずは、デスクトップ画面左下にある「Windows のアイコン」をクリックし、スタート画面に並んでいるプログラムの中から、アンインストールしたいプログラムを右クリックし「アンインストール」を選択してください。

この場合、必ずフォルダーではなくファイルを選択することに注意してください。

フォルダーを開くとその中にプログラムファイルが入っているはずです。

フォルダーはすべて黄色のアイコンですが、ファイルはそのプログラム独自のアイコンになっているはずなので、見分けるのはそんなに難しくないと思います。

プログラムと機能

前の画面でアンインストールをクリックすると、「プログラムと機能」の画面になります。

ここで再度アンインストールしたいプログラムを選択し、上面の「アンインストールと変更」をクリックすると削除されます。

従来の方法でアンインストールする方法

ここでは、コントロールパネルからプログラムをアンインストールする方法を解説します。

まずはコントロールパネルを開くのですが、Windows 10 になってからコントロールパネルの開き方が分からないという人は、以下の記事を参考にしてください。

Windows 10 のコントロールパネルが行方不明!!どこへ行った!!

コントロールパネル
コントロールパネルが開けたら、右上にある表示方法を「カテゴリ表示」にして「プログラムのアンインストール」をクリックしよう。

プログラムと機能
先ほどと同じように「プログラムと機能」の画面を開いたら、アンインストールしたいプログラムを選択し「アンインストールと変更」をクリックすると削除されます。

まとめ・・・・

使わないプログラムをインストールしたままでCドライブにおいておくと、パソコンの容量(Cドライブ)を圧迫するだけでなく、動作を重くする原因の大きな要因にもなりますので、この辺はしっかり管理するように心がけてくださいね。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする