初心者が引っかかる巧妙な迷惑メールを見破ろう!!

巧妙な迷惑メール セキュリティ

インターネットにはウイルスや脆弱性だけでなく、さまざまな脅威があります。ネット詐欺などに遭わないためにも、受信メールが届いたときや、あちこちのサイトを見るときには充分注意してください。

 

スポンサーリンク

被害にかからないために、今すぐできる迷惑メール対策

毎日のように送られてくる迷惑メールを貰って、うんざりしたことはありませんか?

 

迷惑メール配信業者の狙いは、読んだ人を焦らせて情報や金銭をだまし取るとか、ウイルス感染などの被害をもたらすことにあります。

 

その手口がわかれば、巧妙に偽装された迷惑メールを受け取っても冷静に対処し、被害を防ぐことができるはずです。

スポンサーリンク

迷惑メールにはどんな種類がある?

メールを受信したときに、その受信ボックスに迷惑メールが含まれていると面白くないですよね。

また、迷惑メールの数が多くなると、重要なメールがそのなかに埋もれてしまって、見落としの原因になってしまうこともあります。

 

さらに、迷惑メールの中には銀行口座への振り込みをさせようとしたり、個人情報を盗み出そうとしたりするものもあり、誘導されることで、詐欺の被害に遭うこともあります。

このように迷惑メールにもさまざまな種類がありますので、いくつかの事例を見てみましょう。

スポンサーリンク

架空請求メール

以前ははがきなどでよく送られていた架空請求書が現在ではほとんど見られなくなりました。

その代わりにネットサービス使用料などの請求書がメールやSNSで送られてきて、脅し文句のあとに振込先や連絡先が指示されています。

 

殆どの方は利用した覚えがないサービスだったり、そもそも何のサービスに対する請求なのかよくわからない場合がほとんどなので、このような場合には絶対に応じることなく無視するようにしてください。

スポンサーリンク

宣伝広告メール

登録した覚えがないネットサービスから広告メールが届くことがあります。

メールの内容は、殆どが出会い系サイトやアダルトサイトなどへの勧誘です。

 

勧誘するためなので興味を引くような宣伝文章がずらっと書かれていますが、メール文中のリンクはクリックしないようにしましょう。

 

クリックしてしまうとそれだけで、「登録が完了しました。○月○日までに○○○円をお振り込みください」のように表示されることもあります。

もちろん、この場合も承諾していないのであれば請求を無視してかまいません。

スポンサーリンク

ウイルス添付メール

これは昔からあった手口ですが、メールの添付ファイルにも注意が必要です。

知らない相手から届いたメールの添付ファイルは、決して開いてはいけません。

ウイルスのファイルが添付された迷惑メールもあるのです。

 

また、知っている相手から届いたメールでも、その人のパソコンがウイルス感染していて、勝手に送られたメールの場合があります。

メールの内容を十分に確認し、もし文面と関係ないファイルが添付されていたら、絶対に開かないようにしましょう。

スポンサーリンク

フィッシング詐欺

銀行やクレジットカード会社からの連絡を装ったメールで、「登録の変更が必要なためリンク先からカード番号と暗証番号を入力してください」などの指示が書かれています。

 

ただこのようなアカウント情報、クレジットカード情報などの入力サイトではSSLに対応していることを確認するのが基本です。

SSLに対応するサイトはアドレスバーのURLが「https://」で始まり、「鍵マーク」が表示されます。

 

ただ、SSLに対応するサイトが本物と決めつけるのは早計です。一旦立ち止まって冷静に見直して下さい。少しでも違和感を覚えたら入力をやめましょう。

スポンサーリンク

迷惑メールが増える理由は?

迷惑メールは、自分のメールアドレスが流出することで増えてしまいます。

インターネットにはさまざまなサービスがあってとても便利です。しかし、こうしたサービスを利用する際に入力したメールアドレスが流出してしまうことがあるのです。

サービス業者の事故で漏洩することもあれば、メールアドレスの情報を転売する悪質な業者もいます。

 

また、迷惑メールの中には、アルファベットや数字を適当に組み合わせて作成したメールアドレスに送られるものもあります。

こうしたメールに返信してしまうと、こちらのメールアドレスが有効であることがわかり、さらに迷惑メールが増えるきっかけになりかねません。

決して迷惑メールに返信をしないでください。そういった意味では簡単に推測できるメールアドレスは作らないことが重要ですね。

 

また業者の中には、今後メールが不要なら返信するようになどと書かれた良心的に思えるメールもありますが、これこそ善良な人間を手玉に取る悪質な手口です。もちろん、こうしたメールにも返信してはいけません。

このように受信者の意向を無視して一方的に送りつけられる迷惑メール(スパムメール)の攻撃が留まるところを知りません。迷惑メールの中には、詐欺事件やウイルス感染を誘発するものも含まれます。

 

また誤った対応をすることで、カード番号やパスワードなどの個人情報を盗まれたり、架空請求に誘導されて振り込んだりしてしまい、金銭的な被害を受けることもあります。

 

だからといって新しくソフトやサービスを追加しなくても、現在使っているメールソフトやセキュリティソフトの機能、またプロバイダーのサービスなどを利用できる場合がありますので、ぜひ確認しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ・・・・

また過去にも書いておりますが、「Gmail」の迷惑メールフィルターは非常に強力なので、迷惑メールで悩んでいる方は「騙された」と思って是非一度使ってみて下さい。きっと満足されると思います。