「Office 2016」と「Office 365」の違いがよくわからない!!

「Office 2016」と「Office 365」の違い シニア

パソコンのソフトで人気なMicrosoft Office。Officeのバージョンこそ違えど我々シニアも含めて殆どのパソコンにインストールされていますね。しかし最近よく耳にするOffice 2016とOffice 365の違いなどがおわかりでしょうか?

「いまさら何言ってんねん。もはや常識やで!?」と言われるベテランの方はここでスルーしていただいて構いません。

スポンサーリンク

どちらも Office ソフトですが・・

今回は「少しは知っているけどあまり自信がないなあ」とか

「全然知らん!!」といったような方々を対象に、

できるだけ正しい理解をしていただくのを目標に、何とか分かりにくい「常識」をわかりやすく解説したいと思います。

 

確かに、Office 2016とOffice 365はどちらも最新のOfficeソフトだと思いますが、Office のアプリケーションで使える機能は、かなりまぎらわしいですね。

 

現在は「Office 2016」と「Office 365」という名称で、

かつての「パッケージ版」などに比べれば導入する選択肢が増えて、

自分にとってどれを選んだら最適かの判別がつかないという声もよく聞きます。

Office 2016とOffice 365

「Office 2016」とは、従来からの「パッケージ版」や「プリインストール版」と同じ買い切り型の永続ライセンスです。

 

利用できるのは、 Microsoft Office 製品の Officeアプリ、Word 2016、Excel 2016、Outlook 2016などを2台のパソコンにインストールできます。(Mac版ならMac 2台まで)

 

それに対し「Office 365」 は、ソフトウェアとクラウドサービスをセットにした月額あるいは年額のサブスクリプション契約の商品です。

 

ソフトウェア部分は基本的に常に最新の Microsoft Office 製品 となります。すなわち今現在なら、最新版のOffice 2016 になります。

サブスクリプション契約とは

サブスクリプション契約
読み方:サブスクリプションけいやく
別名:サブスクリプション方式
【英】subscription agreement
サブスクリプション契約とは、主にソフトウェアのライセンス契約の方式で、売買ではなく特定期間内の使用権を販売する方式のことである。

サブスクリプション契約においては、1年、または複数年の単位で使用契約が交わされることが多い。契約期間内は、ソフトウェアのアップデートなどは追加料金を支払うことなく受けることができる。契約期間を過ぎると使用権がなくなるため、再度契約を結ぶ必要がある。

https://www.weblio.jp/ サブスクリプション契約の意味・解説

「Office 2016」を選択した場合

「Office 2016」を導入した場合は、最大2台のPCでOffice 2016のままでマイクロソフトのサポートが終了するまで使えます。

 

ちなみにサポートが切れても使えない事はありません・・お薦めはしませんが・・・・(^^ゞ

 

ご存じの方も多いとは思いますが、Office製品はこれまでほぼ3年周期でバージョンが変わってきております。

 

ということは新しいOffice(例えばOffice 2019)が登場しても当然ながら無料アップグレードはできません。

 

これまでのOffice 2016を使い続けるか、Office 2019を新規購入するしかありません。

 

もし3年毎に「パッケージ版」を新規購入するのであれば特典の多い「Office 365」が有利になります。

「Office 365」を選択した場合

対して「Office 365」 には、マイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービス「OneDrive」の1TB利用権が付いてくるほか、

Skypeの1ヶ月間60分の無料通話権も付くという特典もあります。

 

パソコンにOfficeを必要とするとき、Office 365 Soloの場合は1つの契約で2台のPCにインストールできるんです。

例えば、ノートPCとタブレットPCを持っている場合でも、双方にOffice 365 Soloをインストールして同時利用できます。

 

加えてWindowsだけでなくMacでも利用可能。WindowsとMac双方で利用できる点は、「Office 2016」にはない「Office 365」 の魅力のひとつかも知れません。

まとめ・・・・

いかがでしたか。具体的な細かい数字は省きましたが大体お分かりいただけたでしょうか。

 

このように、「Office 2016」と「Office 365」の課金方法や利用できる機能は差があります。これらを考慮して懐具合と相談することになりそうですね。

 

参考のために申し上げますと、私の身の回りの知人などはいまだに「Office 2016」どころか「Office 2007」の人もおられます・・・・もう切れてるって・・・(^^ゞ

 

そのあたりを考慮してみると個人で使っている人は従来からの「パッケージ版」や「プリインストール版」購入でギリギリまで頑張る!!人のほうが多いのかな、とも思いますね。

 

皆さん方はいかがでしょうか。