Google日本語入力は無料なのに驚くほど高機能!!

Google日本語入力

Google日本語入力は、WindowsやmacOS、Androidに対応している日本語入力システム(IME)です。どのOSでも、どのメーカーのPCでも標準でIMEを搭載していますが、変換精度とか機能にやや物足りなさを感じている人は結構多いのではないでしょうか。

グーグル日本語入力

「思った通りの変換ができない」とか

「文字をもっと速く入力したい」

などこのような悩みを抱えているなら、

Google日本語入力を一度試してみましょう。

ネットから集めた情報を反映した豊富な語彙が特徴で、

新語や地名、有名人などに強く

日本語を入力しやすくするための工夫が

満載されています。

GoogleもMicrosoftも同じアメリカ人(?)なのに

IMEソフトの差は歴然なのですがどうしてなんでしょうか。

Google日本語入力を使い始めると

Windows標準のMicrosoft IMEには

戻れませんので覚悟して下さいね(笑)

私自身の経験を言うのも何ですが、

在職中はATOKを使っておりました。

社内には初期のNECパソコンを経て世代交代とでもいうのでしょうか、

世の流れとともにDOS-Vに転向した方が多く、

その流れもあってかその頃は

Microsoft IMEよりもATOKを使っている人のほうが

多かったように見受けられました。

しかしそれも時代の流れで

徐々にMicrosoft IMEに押し流されてきた感もありましたね。

自分自身もいつの間にか無料で使える

Microsoft IMEに変わってきていたのですが

常に何か物足りなさを感じていたのは事実です。

このIMEの代わりになるものといえば

昔使っていたATOKがすぐに頭の中をよぎりました。

使い慣れていることもありましたし

精度にもほとんど問題がなかったのですが何分にも有料ですし・・(^^ゞ

そこで雑誌を見たり、

ネットで調べたりしたところ、

Google日本語入力ソフトの評判が案外いいんですね。

だったらこの機会に思い切って

別のIMEを試すのもいいんじゃないかなーって思い、

Googleの日本語入力ソフトを使ってみることにしました。

勿論以前からGoogle日本語入力の

存在自体は知っていたのですが、

使い勝手が未知数だったこともあって

一度試してみたくなったのがはまり込んだ理由です。

日本語入力ソフトですから

文字変換に強みがなければならないのは当然ですが、

実は通常の文字変換以外にもいろんな便利機能があって、

それを知っておくとさらに文字入力がはかどるようになります。

そこで今回は、

Google日本語入力を使っている人なら

ぜひ知っておきたい便利機能を

いくつかご紹介したいと思います。

Google日本語入力ソフトの便利機能

郵便番号から住所に変換

郵便番号7桁を入力すると、

住所に変換してくれます。

殆どの方が重宝して使っているのがこの変換機能ですが、

これが入ってない日本語入力システムは

まず使い物にならないくらいの標準装備になっています。

従って一番に持ってくる理由も特に無いのですが・・(^^ゞ

「650-8570」と入力すると、

「兵庫県神戸市中央区加納町 神戸市役所」が

変換候補に出てきます。

ただ郵便番号7桁そのまま入れても変換できず、

必ず間にハイフン「-」を入力する必要があります。

「○○○-○○○○」のような感じですね。

ここだけはMicrosoft IMEに負けています。

郵便番号から住所に変換
住所の入力は結構面倒で間違いやすいですから

このように郵便番号で処理できれば

ミスもなく処理も速くなりますね。

四則演算(簡易電卓機能)

Googleの検索バーで数式を入力すると、

計算結果が出てくるのは殆どの方は既にご存知だと思うのですが、

Google日本語入力なら

わざわざGoogle検索する必要なんてありません。

どこでもいいので数式を入力すれば良いのです。

計算式を入力(=まで入力)

すれば、電卓のように四則演算(+-×÷)をしてくれます。

なお、割り算は / キーを押下しているため、

日本語入力モード時には「・」として表示されています。

「555*5=」と入力すると、計算結果である「2775」が変換候補に出てきます。

四則演算(簡易電卓機能)

例では掛け算だけでやっていますが、

足し算、引き算、割り算にももちろん対応しています。

単純な計算だけでなく、

カッコを用いた複雑な計算もこなしてくれます。

電卓アプリなどを起動してから使うよりも

素早く計算できるので今や必須の機能となっています。

英語のカタカナ読みから正しい英語に変換

ホンコンって英語でどう書くんだっけ?

簡単です。

「ホンコン」をGoogle日本語入力で

変換すれば良いのです。

ここからは、Google日本語入力の

良かった点を紹介していきます。

英語の読み方は知っているのに、

アルファベットのつづりが怪しい……

そんな時には、そのままカタカナで入力すれば、

英語に変換することができます。

ホンコンって英語でどう書くんだっけ?

心憎いほど日本人向けに対応させてくれています。

Googleの検索ワード収集能力がいかに優れて

いるかを表しているようです。

しかし、日本人の心の中まで透視されているような

気がしないでもありませんが・・・・。

「きょう」で日付に変換

今日って何日やったかなあ・・?

誰でも時々ど忘れしますよね。

ここでもGoogle日本語入力が活躍します。

今日って何日やったかなあ

この記事を書いているのは2018年3月7日(水)です。

「きょう」って入力するとこれだけの変換候補が出てきます。

同じ日に「げつようび」で変換した場合

「げつようび」で変換した場合

次の月曜日である2018年3月12日が出てきます。

賢い。。。。。

日程調整メールなんかに使えそうですね。

西暦から和暦に変換

西暦、和暦で頭の中が混乱してしまうので、

どちらかに統一してほしいのですが

そうも行かない事情があるのでしょうね。

そんな頭の中が混乱しているときでも

西暦を入力すれば、和暦(元号)を表示してくれます。

「2018ねん」で変換すると、「平成30年」が出てきます

「2018ねん」で変換すると

ちょっと古くて「1926ねん」で変換してみると…

ちょっと古くて「1989ねん

あ、完璧ですね。

大正から昭和に変わった年なので、

大正15年と昭和元年の両方がきちんと出てきます。

「かおもじ」や「えもじ」で顔文字・絵文字に変換

私はあまり使いませんが

顔文字や絵文字にも対応しています。

「かおもじ」とか「かお」で検索すると顔文字が出てきます

「かおもじ」とか「かお」で検索

「えもじ」で変換するとこんな感じ

「えもじ」で変換するとこんな感じ

注意しないといけないのは、

絵文字は機種依存文字になるので

閲覧環境によっては表示されない可能性があります。

自分のパソコンで表示されているからといって、

相手の環境(スマホかもしれないし

ガラケーかもしれないしWebかもしれない)

によって見えない場合もあるので、

あまり使うのはおすすめしません。

[Z] コマンドで矢印等を簡単入力

最後になりましたが、

矢印[←↓↑→]や各種記号を簡単に入力できるコマンドです。

[Z] キーと他のキーの組み合わせで変換されるため、

[Z] コマンドとも呼ばれています。

[Z] コマンドで矢印等を簡単入力

各矢印や[‥][…]あたりは利用頻度が結構高く、

一度このコマンドを覚えてしまったら

通常の変換が面倒に感じるようになります。

まとめ

というわけで、

Google日本語入力で知っておきたい

変換テクニックを幾つかご紹介しました。

意外と知らない変換もあったのではないでしょうか。

ぜひ普段の文字入力で試してみてくださいね。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする