「Windows Liveメール 2012」でメールの差出人名や件名が赤く表示されてしまった

メールの差出人名や件名が赤く表示

「Windows Live メール 2011,2012」ではメールの差出人名や件名が赤く表示されてしまう場合があります。このようになるのは、メール表示画面で「ホーム」タブにある[ウォッチ]が「オン」になっていると発生します。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)

[ウォッチ]を「オフ」に設定する

「Windows Live メール」を起動します。

文字が赤くなっているメールをクリックして選択します。

「ホーム」タブの「アクション」項目内にある[ウォッチ]をクリックします。

メールが標準の黒い文字に戻ります。

どうしてこのような機能があるのか

これは受信したメールを強調するための機能です。

自分がそのメールを後から探しやすくする。

そのメールを忘れないようにする、などといった用途で使います。

[ウォッチ]を設定してみましょう

任意のメールを選択します。

「ホーム」タブの「アクション」項目内にある「ウォッチ」ボタンをクリックします。

メールの件名が赤色に変化し、さらに「めがね」のアイコンが表示されるようになります。

このように「ウォッチ」はメールをただ目立たせるだけの機能といっても、使い方は多彩です。

これらの機能を上手に使って、重要なメールを忘れないように、また他のメールの山の中に埋もれさせないようにするために使います。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする