Gmailで署名を通信定型文で作り使い分けてみた

Gmailで署名を通信定型文で作るGmail
スポンサーリンク

 

以前に「Gmail本文に署名を自動で挿入する!!」という
記事を書きました。
Gmail本文に署名を自動で挿入する!!

一つのGmailアカウントで署名は一つで十分だ!という
方には署名を使い分ける必要はありませんが、メールを
送る相手によって署名のスタイルを変えたい!という方
にとってはちょっと不満もあると感じます。

そこで今回はそのような方たちの要望におこたえして、
複数の署名を使い分ける方法のご案内になります。

スポンサーリンク

Gmailで定型文を使い分けるには

まず簡単な設定を済ませましょう。

従来の署名は使わないのでGmailの初期画面より
「設定」→「設定」→「全般」から「署名をあり」から
「署名をなし」にするにチェックを変更する。

最後に最下部の「変更を保存」を押すのを忘れないこと。

「署名をなし」にするにチェック

テンプレートを有効にする

Gmailの初期画面より「設定」→「設定」→詳細設定に
進んで「返信定型文(テンプレート)」を「有効にする」
にチェックを入れる。

ここでも最下部の「変更を保存」を押すのを忘れないこと。

返信定型文(テンプレート)」を「有効にする

一番目の署名を作ってみよう

メールの作成画面を表示する。

メールの作成画面

 

メール作成画面(通信欄)に署名を作る(貼り付ける)

メール作成画面に署名を作る

 

次に画面右下の「その他のオプション」をクリック。

その他のオプション

「通信定型文」を使う

「通信定型文」から「通信定型文作成」をクリック。

通信定型文作成

 

「通信定型文」に名前をつける。この署名に対してわかり
やすい名前をつけましょう。

「通信定型文」に名前をつける

名前をつけたら「OK」をクリックします。

 

今度は2番めの署名を作ってみます

メール新規作成画面を立ち上げます

メール新規作成画面

 

メール作成画面(通信欄)に署名を作る(貼り付ける)

署名を作る

 

画面右下の「その他のオプション」をクリック。

その他のオプション

 

「通信定型文」から「通信定型文作成」をクリック。

通信定型文作成

 

「通信定型文」に名前をつける。この署名に対してわかり
やすい名前をつけて下さい。

「通信定型文」に名前をつける

名前をつけたら「OK」をクリックします。

以上で簡単な署名と複雑な署名が作成されました。

作成した署名の使い方

この署名はメール作成前に貼り付ける。あるいはメール
作成後に貼りつける。のどちらでもかまいません。

まずメール作成画面を表示します。

メール作成画面

そして本文を作成するのが順番だとは思いますが、
署名を忘れて送信してしまう可能性もありますので
先に署名を入れておきましょう。

マウスポインタは本文内に置いてくださいね。

まず定型文を表示します。

定型文を表示

 

簡単な署名を表示します。「挿入」部分のタイトルを
選択して下さい。

署名を表示

かんたんな署名が挿入されました。

署名が挿入

本文を作成する

最後に本文を挿入する準備をしていきます。

 

以上で署名の挿入は完成です。

ただ、今までは自動で貼り付けてくれていただけに
添付ファイル同様に、つけ忘れもありうると思いますので
くれぐれもご注意してくださいね。

まとめ・・・

いかがでしたでしょうか。

思っていた以上に使い勝手が良かったのには驚きでした。

従来どおり単独の署名でされるのも当然ありなんですが、

定型文としていろいろな署名を

使い分けるのも結構面白いと思いますので

どんどん使って見てくださいね。