パソコン初心者やシニアに多いメールの「添付忘れ」はうっかりミスです

メールの「添付忘れ」

宛先を入力し、本文もきちんと書いた。
「それでは、資料を添付してお送りします」とわざわざ一言を添えて・・・・。
ところが肝心のファイルを添付し忘れてしまった・・・・。
誰もがやってしまいがちなよくあるうっかりミスです。

添付忘れをすぐに気づけば問題ないでしょうが、相手から指摘されるまで気が付かなかったら例え個人メールであっても恥ずかしいですね。
仕事のメールだと信用がなくなってしまうかも知れません。
今回は、この添付忘れを100%防げる方法を、メールソフト「Windows Live Mail(ウィンドウズ・ライブ・メール)」を使ってやって見たいと思います。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)

そもそも、なぜファイルの添付を忘れるのか。

それは、宛先と本文を入力し、最後にファイルを添付しようとするからです。
人間である限り、最後になるとつい安心して重要なことを忘れてしまう。
ならば、添付作業を最初に済ませてしまえばこの心配はなくなります。

確実に添付したいならファイルを右クリック

ここでは、右クリックメニューを使います。

エクスプローラーで添付したいファイルを右クリック。

サブメニューから「メール受信者」を選択。

ファイルが添付済みの新規メール作成画面が開きます。

あとは宛先と本文を入力して送信するだけです。

これだと添付し忘れは100%あり得ない。

この時にウィンドウズ・ライブ・メール以外のメールソフトが起動してしまった場合。
ウィンドウズ・ライブ・メールが「規定のメールソフト」になってないからです。
メールオプションからウィンドウズ・ライブ・メールを「既定のメールソフト」として設定すればOKです。

ファイルを送るときは、まず確実に相手に届けることが重要です。

添付忘れに気がつかないままで、トラブルや信用ガタ落ち、なんてことにならないように「メールのファイル添付は一番最初にする」をクセにしてしまいましょう。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする