パソコン初心者がパソコンの故障や不具合時にチェックできる項目

パソコンの故障や不具合時にチェック

パソコンをやり始めた人が、パソコンが動かなくなったとか、マウスが動かなくなったとか、無線が切れてしまったなどその他もろもろの不具合時に一体どうしたらいいのか、纏めてみました。

再起動をやってみる

代表的な例が、パソコンのフリーズ(マウスが動かなくなった、画面が変わらなくなった)など。

このような場合には何を置いても先ず再起動をかけてみます。

パソコンには、メモリと呼ばれる一時的な記録・作業用のスペースがあります。

いつも保存する場所(ハードディスクなど)とは別に、一時的な作業用スペースとしてメモリにデータを置くことで、処理速度を早くする、ということがメモリの主な目的です。

一度にたくさんのウインドウを開いたりして作業用スペースをたくさん使うと、このメモリが不足しパソコンの動作が鈍くなってしまいます。

そうした場合には、一度再起動をしてみましょう。
再起動によって使われていたメモリが解放されスムーズに動くようになります。

パソコンを放電する

放電とは、パソコンへ電源を供給する装置を全て取り外して、パソコンを簡単にリセットする方法です。

ノートPCなどに良くありがちなんですが、バッテリーの充電状況を保持メモリというのがあってそこにエラーが記録されていると、パソコンの電源が入らない、とかパソコンの電源は入るけど起動しない、ウィンドウズの画面が表示されない、ネットワークに繋がらない、キーボード入力ができない…など、トラブルが起きてしまった場合に、パソコン本体内の電気を一度放電し、数分後に付け直すことでトラブルが改善する場合があります。

ノートPCであれば電源コードやアダプタを外し、本体をひっくり返してバッテリーを外し、この状態で5分~10分ほど待ち、その後バッテリーを取り付け再度電源オンします。

電源を壁のコンセントから取る

延長ケーブルやケーブルタップを使っている人は、それらを使わずに壁のコンセントから直接パソコンの電源を取るようにしてください。

特に延長ケーブルなどを使った俗にいう「たこ足配線」はトラッキングによる火災のリスクも高まりますのでやめましょう。

たこ足配線

ノートパソコンの場合は必ず指定されたアダプタを使うようにしましょう。同じメーカーのものだからと言って違う機種のものを使うと過電流が流れてパソコンが壊れたり、アダプタが発熱して火災などの恐れがあります。

ホコリを清掃

ホコリ等の詰まりによって、パソコンの冷却能力が低下すると動作が不安定になります。

下記を実施しましょう。

・パソコンの電源を切り、コンセントも抜く
・パソコンの吸排気口を掃除機で吸う

—-注意—-
パソコンに電源が入っている状態で、ホコリの掃除(特にエアダスターを吹き付ける)は止めましょう。ホコリによるショート⇒故障の危険があります。
パソコン初心者ができるのは、まあここまでだと思います。
これでだめならパソコンをよく知っているベテランの人に見て貰うか、電気店、購入店に持ち込んでの修理を検討するかですね。
—-注意—-

 

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする