パソコンをWindows10 から Windows7 にダウングレードしたら、言語バーが表示しなくなった

言語バーが表示しなくなった Windows7

先日友人の NEC 製のノートパソコンですが Windows10 にアップグレードをしてみたものの、やっぱり使い勝手が Windows7 の方がいいとのことでダウングレードしたのですが、戻してから何故か日本語入力ができなくなっている、という不具合が発生しました。

 

「全角/半角」キーを押しても、「変換」キーを押しても何の反応もなし・・・・で、よくみるとタスクバーにあるはずの言語バーが表示されていません。

グーグルさんで調べてみるとどうやらここ最近に

Windows10 絡みで言語バーが表示されず、日本語入力が

できなくなるという現象が多く発生しているような感じです。

IE の画面では無論のこと、ワードやエクセルなど、日本語を入力するすべての画面で日本語が使用できない状態です。

マイクロソフトさんのバグなのか NEC さんが「このパソコンは Windows10 に非対応です」と言っているのがこのあたりなのかよくわかりませんが、いずれにしてもすんなりダウングレードできるようにして貰いたいものですね。

言語バーが表示しない・・・通常のやり方は・・・

「コントロールパネル」から「地域と言語」を選択。
「キーボードの変更」で「テキストサービスと入力言語」を調べるのですが、今回の現象からでは直りません。というより直しようがありません。この画面では間違ってないので・・・・。

というわけで上流を触ってみます。

IME(テキストサービス)の本体は「 ctfmon.exe 」です。
その場所はCドライブ → Windows → System32 の中にあります。

この「テキストサービス( ctfmon.exe )」をスタートアップに登録する

「スタート」をクリックし、「プログラムとファイルの検索」ボックスに「 ctfmon.exe 」と入力します。

検索結果の一覧が表示されます。
「プログラム」欄から「 ctfmon.exe 」を右クリックし、表示された一覧から「送る」にマウスポインターを合わせ、「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

デスクトップ上に「 ctfmon.exe – ショートカット」アイコンが作成されます。

「ctfmon.exe – ショートカット」アイコンを右クリックし、表示された一覧から「コピー」をクリックします。

「スタート」ボタンをクリック →「すべてのプログラム」の順にクリックし、表示された一覧から「スタートアップ」を右クリックして、「開く」をクリックします。

「スタートアップ」フォルダの中が表示されます。
その中の何も表示されていないところで右クリックし、表示された一覧から「貼り付け」をクリックします。

「スタートアップ」フォルダの中に「ctfmon.exe – ショートカット」アイコンが表示されたことを確認し、パソコンを再起動します。
再起動完了後、言語バーが表示されていることを確認してください。
言語バーが表示されていたら完了です。

デスクトップ上に先ほどコピーした「ctfmon.exe – ショートカット」アイコンが残っているので削除してください。