パソコンでメールを送信する際、シニア世代の皆さんは「TO」と「CC」と「BCC」を正しく使えていますか?

パソコンでメールを送信する メール

パソコンでメールを作成する画面で、メール送信先「TO」の下欄とか右端にある「CC」とか「BCC」と書かれている部分があるのはご存じですよね。

「CC」「BCC」は共に同じメールを複数の相手に送信するための機能ですが、ではその「CC」と「BCC」に決定的な違いがあることをご存じでしょうか?

 

「CC」とは(Carbon Copy:カーボンコピー)、「BCC」は(Blind Carbon Copy:ブラインドカーボンコピー)の略です。いずれも同じ内容のメールを複数の送信先に送るときに使います。

「CC」には送信したことを知られてもOKな相手

 

「CC」で送る相手は、誰かと宛先「TO」でやり取りしている時、「あの人にも中身を確認しておいて欲しい」という場合ってありますよね。そんな時に、「CC」にその人のメールアドレスを入れます。これによって、その人にもメールが届くようになります。

受信した場合、自分が「CC」としてメールを送信されたことが分かります。また自分の他にも「宛先/CC」としてメールを送信された人がいる場合、その人のメールアドレスも表示されます。

「BCC」は送信したことを知られたくない相手を入力します

「TO」(送信者)宛と同じ内容のメールが送られますが、受信者以外のメールアドレスは表示されません。

「BCC」で送る相手は誰かと宛先「TO」でやり取りしている時、「あの人にもこっそり中身を確認しておいて欲しい」という場合ってありますよね。

そんな時に、「BCC」にその人のメールアドレスを入れます。これによって、その人にもメールが届くようになります。

さらに、「BCC」の場合、その人が送信先に入っていることが、その他の送信先に分からないようになっています。

このあたりの基本をキチンと理解したうえで「CC」や「BCC」を使うと、とても便利で効率化がはかれますね。

 

まえがきが長くなってしまいましたが、今回はそんなことじゃなくてシニア世代の一部の方にもっと基本的なところを理解して欲しいので敢えて「CC」や「BCC」を説明させて貰いました。

というのも私達シニア世代はメールなどに慣れておりません。こんなことを書くとバリバリとパソコンを触っておられる方々にはお叱りを受けそうですが、あちこちのパソコン教室に通っておられる方は殆どがそうだと思います。

 

で何が言いたいかと言いますと、シニア世代の中で「CC」を勘違いされている方がいるような気がしてならないんです。

 

メールの一人目の宛先は「TO」に記入し、二人目以降を「CC」に入れる。
「BCC」なんて何のこと?なんて・・・・。

まとめ・・・・

まあ、「BCC」以外は理屈さえ考えなかったら「TO」も「CC」も同じように全員が見れるのでそれはそれで良いのかも知れませんけどね(^^ゞ

このように思っているシニア世代の皆さんにみてもらって誤解が理解になれば嬉しいんですが・・・・。