パソコン内にいつの間にか溜まってしまった不要なフリーソフトなどをアンインストール(削除)する方法

パソコン内にいつの間にか溜まってしまった

誰しもがたどってきた道だと思いますが、パソコンを使いはじめたころは色んなソフトに目が移り、あれもインストール、これもインストールと・・・・気がつけば同じようなソフトが2つも3つも入っていた、なんて経験はありませんか。特にフリーソフトは誘惑が多くついついインストールしたくなってしまうんですね。

そしてパソコンに慣れてくるに従い自分の方向性もほぼ決まってきます。すると使うソフトも当然ながら絞られてくるんです。

そこで使わなくなったソフト、複数の期限切れになったセキュリティソフト(オイオイ)などパソコン内にいつの間にか溜まってしまった不要なソフトなどを削除することで、ハードディスクの空き容量を増やしたり、またパソコンの起動時間や処理速度が速くなる効果が出る場合もあります。

Windows には、不要になったソフトを削除(アンインストール)できる機能が備わっています。Windows のバージョンによって呼び方が若干異なりますが機能は殆ど変わりません。

これらのソフトを削除(アンインストール)する場合この機能を使います。

フリーソフトといっても良心的なソフトの場合は、削除用のプログラムが用意されていることがあります。

「すべてのプログラム」に表示されるソフトのフォルダー内にそのソフト専用の削除用プログラムがある場合は、そちらから削除することをお薦めします。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)

パソコンの再起動

また、ソフトによっては削除完了時に再起動が必要となり、「いますぐ再起動しますか?」というダイアログが表示されるので、面倒ですがこのようなメッセージが表示されたら変なトラブルを避ける意味でも「はい」または「OK」をクリックしてすぐに再起動するようにして下さい。
もう一つ完璧を求めるなら一つアンインストールすれば一度再起動の習慣をつけるようにしていたら変なトラブルは起こらないと思いますので、念のため・・・・。

Windows 10

1.スタートボタンをクリックし、プログラムを右クリックして「アンインストール」
2.スタートボタンを右クリック⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」

Windows 8.1

1.メトロ画面のアプリ一覧から「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」
2.スタートボタンを右クリック⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」

Windows Vista/7

1.「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」

手動インストールしたソフト

圧縮ファイルを解凍して、作成されたフォルダを好きなところに保存できるソフト(フリーソフトに時々あるレジストリを使わないソフト)いわゆる手動インストールしたソフトは、そのソフトのフォルダごとインストールした場所から削除します。

本体を削除したら、あとはスタートメニューやデスクトップなどに登録していたショートカットアイコンや「すべてのプログラム」内に残ったフォルダーを削除すればOKです。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする