今まで使っていたプロバイダメールやYahooメールなどをGmailに取り込んで送受信する

Gmailに取り込んで送受信 Gmail

GoogleのGmailはGmail以外のメールアカウントを、Gmailで同様に扱うことができます。まあ、こんなことは当然といえば同然ですね。今までから使っていたプロバイダメールやYahooメールなども一括で受信できますし、迷惑メールフィルターも強力なので安心です。またスマホにGmailを転送するようにしておけば外出中でもメールチェックできるので非常に便利です。それでは集約するように設定してみましょう。

 

スポンサーリンク

Gmailだけではなく、プロバイダメールやYahooメールなどもGmailに集約しよう

「設定ボタン」から「設定」へ

メール画面右端の歯車ボタンをクリックして設定に入ります。設定から設定です。

設定画面

「アカウントとインポート」

設定画面に入ったら「アカウントとインポート」タブをクリック

アカウントとインポート

「メールアカウントを追加する」

他のアカウントでメールを確認と書かれているグループの「メールアカウントを追加する」をクリック

メールアカウントを追加する

メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力するのですが、入力間違いをしないためにも絶対に手で入力せず、メールアドレスを選択し、それをコピーしてから貼り付けましょう。

メールアドレスを入力する

メールアカウントの追加

「他のアカウントからメールを読み込む」にチェックを入れ「次へ」ボタンへ。

メールアカウントの追加

メール設定を入力する

入力するところはできるだけ手で入力せず、コピーして貼り付けましょう。
「アカウントの追加」をクリックした時にエラーが出た場合は、ユーザー名、パスワード、POPサーバー名、ポート番号などが間違っていないか確認してください。

メールアカウントの追加

受信設定完了画面

前項で受信の設定は終わりです(エラーが出なければ・・・・)。
続いて送信の設定に入ります。「はい」が選択されているのを確認して「次へ」

送信の設定

差出人名の設定

この名前が送信する時の差出人名となります。「エイリアスとして扱います」にチェックを入れる。
「次のステップ」へ

差出人名の設定

送信設定の入力

サーバー名やユーザー名が間違ってないか確認のこと。パスワードは手動入力なので特に気をつける。
「アカウントの追加」をクリックした時にエラーが出た場合は、SMTPサーバー名、ユーザー名、パスワード、ポート番号などが間違っていないか確認してください。またSSLで駄目だったらTLSに変更するなどやってみて下さい。

送信設定の入力

確認コードの送信

既にPOP3での受信は完了しているのでGmailに確認のメールが届きます。すぐに届く筈ですが、設定直後で若干時間がかかることがあるので暫く待ってみましょう。

確認コードの送信

メールの確認

Gメールの場合だと設定しているメールアドレス(左側の下の方)をクリックすると
「Gmailチーム」からメールが来ているのでそれを開きます。

メールの確認

確認コードを選択してコピー

「Gmailチーム」からの確認コードを選択してコピーします。

確認コードを選択してコピー

確認コードを貼り付ける

コピーした確認コードを空白の場所に貼り付け、確認ボタンを押します。

一応設定はこれで終了ですがこのあとは確認に入ります。

確認コードを貼り付け

「名前」欄にメールアドレスがあるのを確認

メインで使用するメールアドレスを「デフォルトに設定」しておくと、メールごとのFromを変更しないかぎり、そのアドレスから送信されるので便利です。

「名前」欄にメールアドレスがあるのを確認

「他のアカウントでメールを確認」

「他のアカウントでメールを確認」欄でもメールアドレスがあるのを確認

他のアカウントでメールを確認

返信モードの確認

「デフォルトの返信モードを選択」で「メールを受信したアドレスから返信する」にチェックを入れる。返信は受け取ったアドレス各々から送信したほうがいろいろと便利なので、こちらに変更しておきます。

返信モードの確認

以上で設定は終了です。