パソコン初心者の方でもこれだけは是非覚えて貰いたい「ショートカットキー」

これだけは是非覚えて貰いたい

パソコン初心者の方(特にシニアの方)は殆どがマウスでのパソコン操作をされていると思います。今回は、「キーボードショートカットキー」って何?って首をかしげるシニア初心者の皆さんへの講座です。基本的なショートカットキーで実際よく使いますから覚えておくと非常に便利ですよ!

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)

キーボードショートカットキーとは

デスクトップ上でウィンドウを切り替えたり、ファイルやフォルダーを動かしたりする作業は、マウスで行うのが基本ですが、操作のたびに、キーボードとマウスの間で手を移動するのは、少しめんどうなときもあります。

 

キーボードを使ったショートカットを覚えれば、この問題を解決して、すばやく快適な操作を実現できます。今回はデスクトップやファイル操作を快適にするショートカットキーをご紹介します。
今回紹介するショートカットキーを覚えるだけで右肩の凝りがかなり軽減されるのではないでしょうか(笑)

キーボード

ショートカットキーにはそれぞれのソフト独自のショートカットキーなどもあるのですが、
今回は、多くのアプリケーションで使える代表的な「ショートカットキー」を幾つかご紹介します。

マウスを使って選択した文字や範囲選択をコピーをするには、「編集」メニューをクリックから「コピー」を選択したり、マウスの右クリックから表示されるショートカットメニューから「コピー」という操作方法が一般的です。

このような方法よりも、ほんの少しでも操作が早くなれば効率は上がるものです。そこでコピーのショートカットキーのご紹介です。有名なショートカットキーなのでご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・

『コピーのショートカットキー』

コピーしたい部分の先頭にカーソルを合わせ、[Shift] キーを押しながら [→] キーを押して選択します。勿論マウスで選択してもOKです。

選択し終わったら、[Ctrl] キーを押しながら [C] キーを押します。

これでコピーが完了です。
ちなみにコピーとはコピーした部分がパソコンのクリップボードという場所で記憶されています。
また、範囲選択した部分はそのまま残ります。

『切り取りのショートカットキー』

切り取りしたい部分の先頭にカーソルを合わせ、[Shift] キーを押しながら [→] キーを押して選択します。勿論マウスで選択してもOKです。

選択し終わったら、[Ctrl] キーを押しながら [X] キーを押します。

これで切り取り完了です。
切り取りは文字通り選択範囲した部分が切り取られます。
切り取った場合でもその部分はパソコンのクリップボードという場所で記憶されています。

『貼り付けのショートカットキー』

コピーをしたらその次に行う操作といえばもちろん貼り付けですね!
貼り付けをしたい部分にマウスポインターを合わせます。

次に[Ctrl] キーを押しながら [V] キーを押します。

これで貼り付け完了です。
コピーした部分や切り取りした部分が貼り付けられます。

つまり
コピーは  [Ctrl+C]
切り取りは [Ctrl+X]
貼り付けは [Ctrl+V]

ここまでOKですね。
それではあと2つ覚えて下さい。

『全てを選択のショートカットキー』

WordやExcelなどの全ページを選択。あるいはフォルダの中の全てのファイルを選択するなど。
何ページもある文書を選択するのは大変ですよね。そのような場合に使います。

[Ctrl+A]

使い方としては
[Ctrl+A]ですべてを選択
コピーする場合は[Ctrl+C]
貼り付けの場合は[Ctrl+V]
つまり全てをコピー選択して、貼り付けるという作業になります。

『保存のショートカットキー』

「編集」や「ファイル」といったメニューまでマウスを持っていかなくても簡単に保存作業をしてくれます。

[Ctrl+S]

これだけで保存が完了です。文書などを作っている時に時々[Ctrl+S]をやっておくと保存されるので何かトラブルがあっても安心ですよね。

いかがでしたでしょうか!

コピーは  [Ctrl+C]
切り取りは [Ctrl+X]
貼り付けは [Ctrl+V]
全選択   [Ctrl+A]
上書き保存 [Ctrl+S]

ここまで覚えてくれましたか。。。。これだけ覚えるだけでコピー作業や切り取り作業は本当に楽にできるようになり、WordやExcelのスピードはかなり向上しますよ。
はい、保証します(笑)

まとめ・・・・

これらのショートカットキーは、WordだけでなくExcelでもメールなどでも使用できますし、それ以外のパソコン上の操作でも基本的に使用することができますのでどんどん使って下さいね。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする