【Gmail】うっかり送信したメールを取り消す方法

うっかり送信したメール Gmail

メールを送るときに絶対に避けたいのが「誤送信」ですね。
極端なのは、宛先の間違いとかアドレスの変更を依頼されていたのに以前のままで送ってしまったりとか、Bccで送らないといけない人をCcで送ってしまったりというような単純なミスから起こる場合が多いです。

 

Gmailの「送信取り消し」 機能を有効にすると、うっかり誤送信してしまったメールを送信後すぐに取り消すことができます。

まさにシニア、初心者必携の機能ではないでしょうか。

スポンサーリンク

「うっかり送信の取り消し機能」の有効化の設定方法

パソコンで Gmail を開き、右上の歯車マーク(設定ボタン)をクリックし、出てきたメニューから「設定」をクリックします。

うっかり送信の取り消し機能の有効化

 

「全般タブ」の真ん中あたりに「送信取り消し」項目があり、「送信取り消し機能を有効にする」の「チェックボックス」をオンにします。

 

「取り消せる時間」 に、メールの取り消しを決定するまでの秒数を設定します。また、取り消せる時間は、5秒、10秒、20秒、30秒の中から選ぶようになっています。

送信取り消し機能を有効にする

 

設定が終わったら、ページ下部にある 「変更を保存」 をクリックします。

変更を保存

スポンサーリンク

送信したメールの送信を取り消す方法

メールを送信した後、「メッセージを送信しました」 というメッセージの横に、「取消」 と 「メッセージを表示」 の選択肢が表示されます。

「取消」 をクリックします。

メッセージの取り消し

スポンサーリンク

送信の取り消し完了

実際にテストメールを作って送信し、送信の取り消しをするととこんな画面が表示されます。

テストメール

 

「送信を取り消しました」の画面が消えると、先程のメールの作成画面に戻っています。

メールの作成画面

スポンサーリンク

確かにメールの送信が取り消せました!!

送信取り消しが成功すると、そのメールの編集画面に再び戻ります。誤った部分を修正して再送信しましょう。

スポンサーリンク

まとめ・・・・

Gmailで、間違えて送信してしまったメールを取り消す方法を説明しました。

できれば使いたくない機能ですが、

覚えておくと必ず役に立つ時があるかもしれませんよ(笑)