これからのメールソフトは何にする!

メールソフトは何にする!

最近は往年の Outlook Express のように「定番」と呼べるようなメールソフトが現れてないのが現状で、どれを使っても問題ないとも言えますし、逆にもの足らないとも言えます。個人的な感想になりますが比較用に無料、有料のお奨めメールソフトを何点か紹介します。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)

Opera Mail

シンプルで軽量をメインとして選ぶ場合には、Opera Mail を推す人が多くいます。

 
Opera Mail は他のメーラーと同様の機能を備えながら、初心者でも使いやすい機能が充実して、快適に利用可能です。特に古いパソコンを使っている人やメモリがそれほど大きくない人には人気があるようです。

ただ長い期間、更新が途絶えているのが不安なところです。

ダウンロードはこちら

Thunderbird

ブラウザで有名な Mozilla Firefox が提供している人気のメール クライアント。ただインストーラーの容量が 35MB と大きく動作がちょっともっさりしているのと開発が終了しているのが惜しい。Windows と Mac 両方で使用可能なので、外出先からでも簡単にメールチェックできます。

 
また、アカウントを多数持っている人にとっては、いちいちそのアカウントにログインしなくてもいいので、利用しやすいソフトとしておすすめです。

ダウンロードはこちら

Windows Liveメール

今までずっと Windows を使ってきている人にとっては、このメールソフトが一番馴染みがあるので、迷うこともないかと思います。汎用性ではこのWindows Liveメールが群を抜いています。

 
しかし、世界中で広まっているメーラーであるため、Windows Liveメールをターゲットにしたウィルスなども蔓延しているところが残念なところです。従ってウィルスチェックの定期的な実践は必須条件となります。複数のアカウントにも対応しているので利用はしやすいですね。

 
不安材料としてはマイクロソフトがいつまでサポートしてくれるか、にかかっています。

ダウンロードはこちら(Windows Live Essentials に同梱)

秀丸メール

一般的にはシェアウェアですが秀丸エディタのユーザーなら無料で利用できるという太っ腹。

高性能なエディタ内臓で高度なマルチウィンドウ、万全なウィルス対策、高性能な迷惑メールフィルター、充実の基本機能、高信頼性、堅牢軽快、高速動作、ただし設定項目もそれなりに多くマニアックな部分も多分にあります。

ヘッダーの編集やマクロ機能など通常のメールソフト顔負けの細かい制御が可能。ただIMAPの対応が不完全、設定が少し難しい等、やや一般向けではないものの用途によってはベストチョイスになり得ます。ライセンス料 2160円。

ダウンロードはこちら

Becky! Internet Mail

最新の、Becky! Ver.2 は、Windows95 から最新の Windows10 までの互換性を維持しつつ、最新のプロトコル、ユーザーインターフェイスにも対応しています。

 
便利な振り分け機能に加え、フォルダごとに未読メール数を表示してくれるので、受信メールの読み忘れを防げる。それにスレッド表示に対応しているためメールのやりとりの流れをつかみやすく、充実した検索機能で受信したメールの内容を再確認しやすい。

 
また全ての設定やメールなどが指定したデータフォルダに収まっているのでOS再インストール後の復旧の手間などを考えると他のメールソフトには戻れません。ただしライセンス料は 4428 円とちょっと高め!

ダウンロードはこちら

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする