メールの差出人名は日本語にした方が分かりやすいです

メールの差出人名は メール

メールを送るとき、送信者名をどのようにしたら相手に分かりやすいでしょうか。送信者名はメールの差出人を示す重要な情報です。「誰からきたのか」がひと目で分かるように「日本語」・「フルネーム」で書くようにしましょう。

 

メールアドレスだけで送ってくる。

さすがに近頃はメールアドレスだけでメールを送ってくる人は殆ど

いなくなりました。

顔や名前は覚えていても、メールアドレスまで覚えていることは稀です。

 

本文を読めば誰からのメールだったかは分かるとしても、ちょっと不親切だと思いますし、まして名前を知られたくない人からのメールなど読みたいとは思いませんね。

 

スパムメールと間違われる可能性が高い上に、パッと見てどこの誰だか分かりませんね。
最悪の場合、開封もされずゴミ箱へ直行・・・という可能性も大です。

差出人名がローマ字表記。

それとは別に相変わらず差出人名をローマ字表記にしている人がおられます。しかし、メールの差出人名は送信者が自分の好みで付けるもので、特に決まりはありません。

 

私は機会があるごとにメールの差出人名は「日本語表記にしてください」と言っているのですが、習慣とか、カッコいいからとか、コンピュータにはローマ字が似合うからとか・・・差出人名はローマ字に限る、というポリシーを持っているのか、一向に変更していただけない方もおられます。

 

以前に会社で使っていた名残でもあるのでしょうか。比較的男性が多いですね。もしその方のメールが、YouTubeやYahoo! DeliversやRealPlayerなどからのメールの間に紛れていたら・・・・・ゴミ箱行になる可能性が高くなりますね。

事実2度ばかり見落としていた事もありましたし・・・・(^^ゞ

件名もできるだけ日本語表記。

更に件名が日本語であればまだ気が付きやすいのですが、件名が入力されていなかったり、英語の件名だったりするとスパムメールと勘違いされて「ゴミ箱」行きになってしまう可能性があります。

 

最近は「迷惑メール」等に英文字が多いので、受信者がはっきり送信者が誰か分かるように日本語でフルネームで出るようにした方が良いと思っています。

ウインドウズ ライブメール2012 日本語表記の書き方。

受信トレイ->アカウントタブ->プロパティ->全般タブのユーザー情報の「名前」を日本語に変更。

 

ただし当然ですが海外とのメールのやり取りをする方は、日本語の差出人名などは文字化けしてしまいますので、アルファベット表記を使いましょう。