Windows Liveメールから切り替えは何といっても【Gmail】です

Windows Liveメールからの切り替え

Windows Liveメールのサポート終了前に

このブログでも書きましたけれど、

Windows Liveメール

(正しくはWindows Essentials 2011)の

サポートが終了して早くも1年以上が過ぎました。

が、私の周辺では未だに使っておられる方々を

見受けるんですよ。(^^ゞ

 

サポートが終了しても今まで通り利用することは

できますけれど、

セキュリティ更新プログラムの提供がなくなっているため

すでに安全なソフトではなくなっているだけに

早く切り替えて欲しいのですがねえ。

Windows Liveメールから切り替えは【Gmail】です

Liveメールからの移行でもっとも近道は何と言っても

Outlookだと思います。

殆どのパソコンにはOfficeが入ってますからねえ。

でも我々シニアには重た過ぎるソフトなんですね。

使い方が複雑で機能が多すぎてその上Officeはバカ高いしねえ。

Windowsメールアプリ(Windows 10/8.1)

こちらは非常にシンプルな構成ですが

Windows 7の方は使えませんね。

しかしWindows 10の本などには必ず使い方とかが

載っていますから

量販店などでWindows 10を購入すると

このアプリで設定して貰っている人が多くいます。

フリーのメールソフト(Mozilla Thunderbird)

こちらは国産製品ではありませんが

完全日本語化されていますので安心して使えますし

Liveメールからの移行も専用ソフトがありますので、

メールアプリが使えないWindows 7の方には

向いているのではないでしょうか。

有料メールソフト以上の機能がある(Gmail)

Windowsメールアプリ同様Webメールですが、

Googleが提供するだけあって

至れり尽くせりのサービスが入っています。

 

特に迷惑メール排除機能と送信メール取り消し機能は

他のソフトは足元にも及びません。

当然ながらスマホとの連携も十分なので

使い勝手はWindows 10メールアプリ以上ではないでしょうか。

 

自分はGmailを使ってますが

思っていた以上に快調に使えております。

まとめ・・・

まあ、問題があるとすれば送信済みメールの再利用に

少し手間がかかることでしょうか。

この機能は結構使うことが多いので

何とかしてくれれば文句なしの一押しなんだけどなあ。

 

ご覧いただきありがとうございました。
参考になりましたら幸いです。