Windows10 パソコンでファイルの関連付けと規定のソフトを変更する方法

Windows10 パソコン

Windows10 パソコンで既定のソフトを設定する手順についての記事を分かりやすく書こうと思います。前に使っていたパソコンと違うソフトが立ち上がってくる、などと悩んでいる方は是非お読みになって下さい。

ただWindows10 は従来のOSに較べるとバージョンが変わるたびに設定方法が変わるのがかなり頻繁だったりしていますので一応今回のバージョンにも目を通しておいて下さいね

【今回のバージョン】
バージョン 1709
OSビルド 16299.309

ファイルの関連付け

規定のアプリの設定方法

設定方法は色々ありますが今回はWindows10としての標準のやり方で説明したいと思います。

設定ボタンをクリック

設定ボタンをクリック

[Windowsの設定]画面が表示される

[Windowsの設定]画面が表示される

[アプリ]をクリック

[アプリ]をクリック

[アプリと機能]の画面になる

[アプリと機能]の画面になる

[規定のアプリ]をクリック

規定のアプリ

[規定のアプリ]の画面になる

規定のアプリ

メールアプリを選ぶ

ここの一覧で[規定のアプリ]に設定したいアプリがあればそのアプリをクリックする。例えばメールアプリだったら[メール]の下の[規定を選ぶ]にマウスポインタを入れるとその部分が選択される。更に選択された部分をクリックすると・・・・

[アプリを選ぶ]画面になる

アプリを選ぶ

この画面でOutlook2016を選択すれば規定のメールアプリとして登録されます。

アプリを選ぶ

この[規定のアプリ]の画面で見当たらなかった場合は、この画面を最後までスクロールして「ファイルの種類ごとに[規定のアプリ]を選ぶ」を選択します。

ファイルの種類ごとに[規定のアプリ]を選ぶ

規定のアプリ

ファイルの種類ごとに[規定のアプリ]を選ぶ、をクリックしてしばらく待つと、ファイルの種類ごとに[規定のアプリ]を選ぶ画面になります。

規定のアプリ

拡張子による関連付け

ここではファイルの拡張子からアプリを選ぶ方法です。

チョット前に『拡張子って何?どう読むの?シニアのためのインターネット・パソコン基礎』
https://yuyupasocon.com/post-983/

でも書いていますので、忘れた方はもう一度読み直して下さいね。

「PDFファイル」を開くアプリを選ぶ

例えば「PDFファイル」は文書ではメールなどで良く送られてきますよね。詳しい説明は省きますが拡張子は「.pdf」です。

この「.pdf」ファイルを読めるアプリ(ソフト)を探してみたいと思います。さきほどの画面から名前で「.pdf」を探してみて下さい。

数字からアルファベット順になっているので「.p」はかなりあとの方になりそうですね。画面の右手にスクロールバーがありますのでどんどん下へ送っていって下さい。

PDFファイル

ありましたね。
私の場合は「.pdf」の横には「Adobe Acrobat Reader DC」が先頭に表示されております。

「Adobe Acrobat Reader DC」にマウスを入れると・・・・選択反転の状態になります。

Adobe Acrobat Reader DC

さらにその部分をクリックすると「Adobe Acrobat Reader DC」以外に「.pdf」ファイルを読むことができるソフトの一覧が表示されています。

みなさんはどのようなソフトで「.pdf」ファイルを開いているのでしょうか。

どのようなソフトで「.pdf」ファイルを開いている?

Windows10 パソコンで何も設定していなかったら多分「Edge」が立ち上がっていると思います。

何も「Edge」が悪いとかどうとかではなく、それが自分の意図としない状態になっていないかをご理解願いたいのです。

どのようなソフトでファイルを開いている?

私はこの場合、やはりPDFのための専用のビューワーということで「Adobe Acrobat Reader DC」を選択しました。

まとめ

以上でファイルの関連付けと規定のソフトを設定する方法の説明でした。このようにWindowsは、拡張子ごとにどのソフトで開くかを「関連付け」で決めることができるんです。

あらかじめ先程やったような設定で関連付けしておくと、ファイルをダブルクリックをするだけで、特定のソフト(規定のソフト)で開けるようになります。