Windows10ノートパソコンの失敗しない選び方!!シニアや中高年のみなさんに解説します!!

ノートパソコンの用途別にチェックWindows10
スポンサーリンク

スマートフォンやタブレットの普及で、昔から思えば少々陰が薄くな

っている感じのノートパソコンですが、ノートパソコンでなければで

きないことはまだまだ多いものです。

ところが、パソコン専門店や家電量販店を覗いても、またネットで調

べても、これだけたくさん並んでいたら、どんなノートパソコンを選

んでいいのかさっぱりわかりませんよね。ここではそんなあなたにピ

ッタリマッチするノートパソコンの選び方を解説します。もちろん対

象はシニアや中高年の皆さん方ですよ。

スポンサーリンク

ノートパソコンの用途別にチェック

ノートパソコンの用途別にチェック
まずノートパソコンの選び方なんですが、超ベテランのヘビーユーザ

ーならスペックとメーカーと価格だけである程度はピックアップでき

ると思いますが、我々シニアや中高年クラスだと余り難しいことを考

えても仕方がありません。

 

もっと細かく具体的な見地からチェックをしていったほうが後で悔や

まなくてもすむと思いますので、以下のチェックで購入タイプを検討

するだけで十分だと思います。なお、ここから先はヘビーユーザーの

方はスルーしてくださいね(^^ゞ

失敗しないノートパソコンの選び方

まず最近の傾向から基本を押さえておきましょう。

最近のノートパソコンは昔に比べて薄く軽くなってきましたね。

持ち出すときは軽くてバッテリーも長持ちするので

ありがたいのですが大きな問題が一つあります。

 

それは、パソコンのスペックを自分で簡単に変えることが

できるかどうか、なんですよね。

 

例えば・・・・

 

メモリーを4GBから8GB(16GB)にアップグレードするとか。

CPUを上位のクラスにアップグレードするとか。

ハードディスクを大容量のものに交換したり・・・・。

ハードディスクから速度の速いSSDに交換したり・・・・。

 

自分で変えるとは・・・・

 

つまり裏ブタを簡単に開けることができるかどうか、なんですよ。

以前はちょっと慣れた方なら簡単に裏ブタを開けたりしていました

が、最近はメーカーでなければ開けることができないものが多くなっ

てきています。

 

なので使いだしてから後悔しないために最初にしっかりとスペックを

決めておかないとダメなんですよね。

 

またパソコン自体が薄くなってきた関係でマルチドライブがないもの

が増えてきていますね。

マルチドライブとはCD、DVD、ブルーレイディスクドライブのこと

で、使いたいときには別途で外付けドライブを購入しないと

いけません。

自宅でネットとメールがメインの方

ほとんど持ち出すことはないけれど、自宅の中で時々場所を移動しな

がらの使用がメインです。

使う用途の殆どがネットとメール程度であればこれくらいで十分なス

ペックを持っています。

 

CPUはCeleron Dual-Coreと安価なCPUで十分。予算が許せばCore i3

クラスを選択肢に入れればいうことなしでしょうね。この程度の用途

でこれ以上のCPUを搭載するのはお金の無駄使いですね。

メモリーですがいくらネットとメールがメインでもさすがにWindows

10では2GBではしんどいと思います。64ビットパソコンにして4GB

のメモリーを搭載すればいいでしょう。

ハードディスクですが上記用途だけなら128GBもあれば十分なのです

が、デジカメで撮った写真を保存するなら、256GB以上の容量が欲し

いところですね。

ディスプレイは14インチ~15インチが見やすくていいでしょう。

それとこのクラスのパソコンでワードやエクセル、あるいは動画編集

ソフトなどを使うとCPUの処理速度が追いつかずイライラするのは間

違いありません。あまり欲張らないようにしましょう。

それにこのクラスでは大画面のタブレットパソコンと競合しています

ので、自分にとってどちらが使いやすいか、じっくり検討するのも良

い選択肢だと思います。

時々外出時に持ち出して使う(一般的な使い方)

時々外出時に持ち出して使う(一般的な使い方)
こ場合の外出時に使うと言うのは、スタバでお茶を飲みながらパソコ

ンを使うといったような優雅な使い方ではありません。

週1~週2回程度パソコン教室に通うとか、パソコンサークルで仲間と

一緒に勉強するといった状況での使い方を想定しています。シニアや

中高年としてはすごく一般的な使い方だと思っています。

当然ワードやエクセル、また趣味のジャンルとしては動画編集なども

やったりするでしょうから「そこそこできる」性能を考慮していま

す。

 

CPUはCore i3あたりからできますが、ちょっと奮発してCore i5あた

りにすると高い処理能力を持っているので、作業途中に青い円がグル

グル回るようなストレスもなしにサクサク操作できます。

メモリーも4GB程度から大丈夫ですが、オフィスや画像処理ソフトを

使うなら8GBは欲しいところですね。ハードディスクは最低でも

500GBは欲しいところ。1TBあればまずまず余裕でしょうか。

 

ディスプレイは14インチ~15インチクラスですと、ケースとかザック

を使えばなんとか持ち運べるサイズと重量ですね。

 

いくら移動するから軽いほうがいい、といっても13インチ以下になる

とさすがに老眼には辛いですから、そのあたりはご自分の視力(資力

じゃないよ)とよく相談してくださいね。

オンラインゲームをやりたい(かなり高性能が必要)

CPUもCore i7は必須。これくらいの性能がなければゲームがカクカク

してしまいます。またかなり長い動画編集でも快適に行えます。

 

メモリーも8GBから16GBと十分な余裕が欲しいところ。特に動画編

集を行う場合は、容量が大きいと快適に作業できます。

 

ハードディスクも1TBから2TBを準備すれば動画をたくさん保存する

場合でも、ヘビーユーザーにならない限りまず大丈夫でしょう。

 

ディスプレイは場所と資力が許す限り大きなものにしましょう。内臓

だと17インチ程度になりますがHDMIコードを使って外付けディスプ

レイを使えば42インチあたりまで使えますね。視認性が高く、快適に

作業できるし映像も楽しめますよ。

 

ただしこのクラスの場合はノートパソコンではなくデスクトップパソ

コンを選択する方がベストだと個人的には思います。私がこのクラス

のパソコンを購入するんだったら絶対デスクトップパソコンを選択す

るでしょう。

まとめ・・・・

いかがでしたでしょうか。今回のテーマが「ノートパソコン選びのポ

イント」ですので最後のところでちょっと横道にそれてしまいました

が・・・・・。

 

一般的な用途に使うのであれば、時々外出時に持ち出して使う(一般

的な使い方)のところにも書いた通り、Core i3かCore i5あたりの

CPUのノートパソコンを選べばいいでしょう。このタイプはごく一般

的なノートパソコンです。大事なのは自分にとって必要な機能や性能

をよく知ることです。

 

いろいろ自分でチェックしてもどのノートパソコンを買えば良いのか

わからないなら、ノートパソコンを販売しているお店の人に相談して

みるのも一つの手段ですが、相手も商売なので気をつけなければなら

ないことがあります。

 

それは、お店の人が売ろうとしてくるノートパソコンは性能が良すぎ

てしまう可能性が高いことです。つまり悪い商品ではないけど値段も

それなりに高くなり、お店にとって高いマージンが入ってくる商品の

場合が多いので全幅の信頼は置けません。

 

つまるところ自分の目で判断するしかありません。幸いにして情報は

いくらでもあります。それらを参考にしながら自分の用途にあったノ

ートパソコンを購入されることを願っています。

 

2019-08-01【追加更新】