Windows Vistaのサポートは終了しています。サポートの切れたVistaを使うのは大変危険ですよ!

Windows Vistaのサポートが終了

マイクロソフトは2017年4月11日にVistaのサポートを終了しています。以後は従来のOS同様セキュリティの修正プログラムを提供してくれません。従って今後使い続けるのは大変なリスクを伴いますので、直ちにWindows 7以降の新しいパソコンへ移行しましょう。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)

サポートがなくなればどうなるんでしょうか

Vistaに限らずマイクロソフトでは、これまでウイルスやスパイウェアに対する

Windowsの脆弱性が発見される度に、それをふさぐセキュリティ修正プログラムを

頻繁に提供してきました。

その修正プログラムがサポート終了後は一切配布されなくなるので

仮に脆弱性が発見されても何も修正はしてくれません。

今後そのままVistaを使うとどうなるでしょうか

もしウイルスやスパイウェアに侵入された時、被害者になるだけでなく、知らないうちに加害者になってしまう可能性もあります。決して他人事ではありません。サポートが終了した今この瞬間にも起きてしまう危険があるのです。

個人情報が漏洩されると

パソコン内に保存されているメールアドレスやファイルなど自分や家族のプライバシーが知らない間に勝手に外部に送信され、場合によっては悪用されたりしてしまいます。

自分になりすまされてしまう

FacebookやTwitterに勝手に投稿されたり、勝手にメールを送られたり、他人への攻撃の踏み台になって犯罪者扱いにされたり、また一歩間違えると犯人にされる恐れもでてきます。

ではどうしたら良いのか

当然ながら新しいパソコンへの乗り換え

新しいOSは、古いOSでの欠点をなくすように設計されています。
Windows Vista以降、OSが変わる毎にセキュリティは高くなって来ています。当然内部メモリも多く使いますので搭載メモリも多くなるというジレンマも抱えていますが、環境は比較にならないほど激変しました。そのためWindows VistaとWindows 10あたりとではセキュリティに対する基本性能で大きな差がでてきています。

 そのまま使う(^^ゞ

従来通りWindows Vistaを使うという手段も当然あります。しかしVistaというOSだけじゃなく他のソフト、例えばOfficeなどもサポート対象から外れているということも忘れないようにして下さい。従ってインターネットやメールは絶対にやらないこと。またUSBフラッシュメモリなどを他人と共用しない。つまり自分だけで使うのであれば大丈夫です。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする