【Windows 7】 のサポートが終了!! 継続使用は危険!!

Windows7のサポートが終了しました

何年も前から2020年1月にサポートが終了すると言われ

続けていたWindows 7 。

まだまだ・・・・と安心していたかもしれませんが

ついに終了してしまいました。

特別な場合を除いて更新はもうありません。

このまま使い続けるとウイルスに感染したり、

個人情報が盗まれたりするマルウェアが侵入する恐れもあります。

Windows 7の機種にもよりますがWindows10への

アップグレードの道も開かれておりますので、

買い替えするかアップグレードするか早急に考えましょう。

そもそもWindows 7のサポート終了とは?

これまでマイクロソフトはWindows 7のユーザーに対し、

Windows 7をインストールしているPCを保護するための技術的なサポートや

Windows Updateからのソフトウェア更新を提供していました。

Windows 7のサポートが終了となり、

以降はセキュリティ更新プログラムをはじめとするマイクロソフトが

提供している重要な更新を含む全てのサポートが提供されなくなります。

サポート終了後も使い続けていると思わぬリスクが

襲い掛かってくることも覚悟しないといけません。

 

有償での継続使用もあるのだが・・・・・

米マイクロソフトは、Windows 7の一部ユーザーを

対象にした「拡張セキュリティーアップデート

(Extended Security Updates 、ESU)」という新たな

有償サポートを提供することを発表しています。

期限は23年1月までとなっておりサポート期間は

延長されますが、

デバイスごとに契約が必要ですし、

年ごとに価格が上がるとのこと。

また、Windows 7 Professional/Enterpriseユーザー向けの

サービスなので、一般ユーザーには適用されません。

つまり殆どのユーザーはWindows 7 Homeユーザーなので

有償サービスであっても対象外なんですよね。

Homeユーザーも対象に入れてくれればよかったのにねえ。

Windows 7は裸同然のOSになってしまった

このチャンスを逃すまいとハッカーたちは的をWindows 7に

絞って狙い撃ちしてくるかも知れません。

更新がなくなっても良心的なセキュリティ対策のメーカーは

サポートを当面はやってくれると思います。

以前からもありましたから今回もやってくれると信じます。

だからといってすべてのセキュリティをまかなえるものでは

ありません。

やはりOSをアップグレードするか、

Windows 10 を購入するか、Windows 7を使わないかの選択になるとおもいますので

早めの決断をおこなうようにこころがけましょう。

まとめ・・・・

はじめにも書きましたが Windows 7のサポートは2020年1月で

終了してしまいました。

Windows の更新サポートとはインターネット上で動き回っている

数限りのないウイルス犯罪、またパソコンに侵入しての個人情報漏洩などの

リスクからパソコンを守るためマイクロソフトが常に最新の更新プログラムを

送ってくれていたんです。

そのサポートが終了となると危なくってパソコンをネットにつなぐことは

できませんよね。

Windows 7のサポート終了時期は何年も前から

言われ続けてきたのですが、

いまだに国内では2割弱のWindows 7パソコンが

使われているとのこと。

いくら軽快に動作するとはいっても丸裸同然になれば

侵入経路はいくらでも見つけるだろうし、

サイバー攻撃は他人を巻き込んで行われるので

そんなリスクを考えると一日でも早く最新のWindows 10 パソコンに

乗り換えされるようおすすめします。

 

ーー参考リンクーー
サポートの切れたパソコンを使うのは大変危険ですよ!
【ビスタ】が十分動くので、まだメールやインターネットを使っても大丈夫?
【Windows Liveメール】のサポートはとっくの昔に終了しています。このまま使い続けるとパソコンに侵入される恐れもありますよ!!

 

コメント