サポートの終了した【Liveメール】をまだ使ってるの【Gmail】なら安全ですよ!!

メール開封画面

こんにちは、bamboodaです。

何とサポートの終了した【危ないメール】をまだ使っている

知人を発見!!

それも久しぶりに貰ったメールを読んだあと何気なく

メールのプロパティを見たところ「Outlook 12.0」

だったんですよ。

「Outlook 12.0」ってVista機じゃなかったかなあ。

サポートが終了しても、現在使用中のOutlook 12.0が使えなく

なるわけではないですが、 サポートされていない

製品の使用を続けるとセキュリティリスクがそれだけ

高くなります。

スポンサーリンク

サポートの終了した【危ないメール】をまだ使っている

メール開封画面
返信ボタンの右側にある小さいボタンをクリック

詳細ボタンが表示されるので「メッセージのソースを表示」をクリック

メッセージのソースを表示

メッセージのソースが表示されました。ここからプロパティを調べることができます

スポンサーリンク

【Gmail】なら安全なのにまだ3割ほどの人が危ないメールを使用

それを見つけてから最近会っていない友人たちのメールを調べてみると

いますねえwww

まあ、データを取ったとはいっても同じ人は省いてたった

10人だからたかが知れてるんだけど一応の参考にはなると思います。

内訳は
Live Mail 15.4.3508.1109 1人
Live Mail 16.4.3528.331 1人
Outlook 12.0 1人
Outlook 16.0 1人
Outlook 14.0 1人
Gmail 5人

流石元サラリーマンですね、いまだに会社の呪縛が解けてないのか

Outlookを使っている人が3割もおられます。

それとLive Mail が 2人も・・・・特に 15.4 というバージョンは

Windows Essentials2011じゃなかったかなあ。

Outlook 12.0 も Office2007 だからサポートが終了してますしねえ。

「From」の横を辿っていくと「Outlook 12.0を使用」と表示されている

貰ったメールのプロパティをたどっていくと

From:Outlook 12.0を使用

From:Live Mail 15.4.3508.1109を使用

From:Live Mail 16.4.3528.331を使用

などと表示されております。

「Live Mail 15.4.3508.1109」と表示されている

「Live Mail 16.4.3528.331」と表示されている

Gmailでのメールプロパティの表示方法は以上です。

Outlookも支持者が結構多い!!

それと何かと問題の多い Outlook をいまだに使われる方がおられる、というのも「どうかなあ」と思ったりするんですね。

 

Outlook で送信したメールの添付ファイルが消える (マイクロソフトの公式サイト)

恐らく会社で Outlook を使っていたからそれの延長で

使われているんだと

思いますが、社内のように Outlook 同士だと

何ら問題は起きませんが、他のメールソフトだと Outlook から

送られてきた添付ファイルが消えるとか

添付ファイルが WINMAIL.DAT のように

名前も中身も違ったりする場合がよく起こります。

 

自分も何度もそのようなメールを貰いました。

Office に付いている有料ソフトなんですから

上記のようにユーザー側で対応してくれなんてマイクロソフト

だから言えるんでしょうね。

 

ま、今回は Outlook の話じゃないんで・・・・・・。

話を戻しますが、自分自身としてはブログのタイトルにもある通り、

Gmail とインターネット・・・・と Gmail の宣伝(笑)を

やっているにもかかわらずこのありさまです。

ですからごく普通にメールのやり取りをされているユーザー

(ヘビーユーザーは除く)の場合だともっと危険が危ない(笑)

状態ではないかと推察します。

以前に以下の記事を書きました。

これからのメールソフトは何にする!!・・[2]

 

マイクロソフトのサポートが切れたソフトを使われている方は勿論ですが、その他の方も Gmail に乗り換えたらいかがですか。

これからのメールソフトは何にする!

 

Gmailは無料メールなのに機能が凄すぎてヤバイ!!

バージョンアップも勝手にやってくれますし
(それが時として戸惑う場合もありますが)

スマホからも簡単にメールチェックしたり返信したり送ったりと

パソコンの前にいなくても即対応できますよ。

またセキュリティ面は安心ですし、迷惑メールも

ちゃんと見えないように隠してくれます。

 

ただ気をつけないといけないのは、

ローマ字で書かれたタイトルや差出人名がローマ字だと勝手に

隠されてしまう場合も時々あるんで・・・・(笑)

普段から差出人名は日本語にしましょう。

と、お願いをしているのですが、

やはり会社での習慣が残っているのか、

名前はローマ字だ、というポリシーをお持ちなのか、

そのあたりは知るよしもありませんがなかなか変えていただけないのも事実です。

まとめ・・・・

またまた話が脱線していますね(笑)

マイクロソフトのサポートが切れたソフトの話に戻りますが、

いくらセキュリティーソフトにメール対策が入っている、

とは言ってもメールソフトのバグまではみつけてくれませんから、

このようなソフトは使わないほうが身のためでもありますし、

ネットでつながっている皆さんのためでもありますので

早急に乗り換えられることをお薦めします。

ご覧いただきありがとうございました。
参考になりましたら幸いです。