メールの送受信はテキスト形式が安全ですよ

メールの送受信はテキスト形式が安全

Windowsパソコンを使っている方のほとんどが

利用していると思われるメールソフトのほとんどが

初期設定だと、「HTML形式のメール」で送受信する

設定になっています。

ですから現状では業務に使うメール以外は

「HTML形式のメール」を使っていると思ってもまず

間違いないでしょうね。

スポンサーリンク

メールの送受信はテキスト形式が安全ですよ

メールでよく話題になるのがウイルスですね。

HTMLメールだとメールを開いただけでウイルスが侵入

してきたり、もちろんリンクをクリックすると

当然アウトになります。

対して「テキスト形式のメール」

いわゆるテキストメールだとメールの添付ファイルを

開かなければウイルスは動けませんので

セキュリティ上では格段の差があるんですね。

「テキスト形式のメール」とは文字通り、

テキスト(文字)のみで構成されたシンプルなメールで、

文字だけで要件を相手に伝える方法です。

メールの本文中に図や画像などを挿入したりすることは

できませんのでビジュアル系に慣れ親しんでいる現代人に

とってはどうしても

一歩引いてしまう感覚になるのではないでしょうか。

しかし文字だけで要件が済むのなら、テキストメールのみの

送受信に設定すべきです。

HTML 形式が全盛になっている現在でもテキスト形式の

メーラーは存在しますし、「テキスト形式のメールしか受信しない」

という頑固な方がおられるのも事実です。

HTML形式のメールとは

対して「HTML 形式のメール」とは、

メールの本文の字体や文字サイズ、色などを変えて装飾したり、

また画像の貼り付けなど豊かな表現ができるメールなので使って

楽しく、見栄えも良いといった利点があるので、好んで使う個人ユーザ

もいるようです。

しかし、HTMLメールには他のいろいろの仕掛けを仕込むことも

できます。

メールの中に有害な操作をするスクリプトを含ませていて

受信者の個人情報を盗んだり、パソコンが悪影響を受けたり

することがあります。

 

またウィルスやワームが含まれていて、

信頼できるサイトのように見せかけて偽サイトに誘導させる

手口を使う詐欺などもありますが、この際に誘いのために

送られてくるメールは、ほとんどHTMLメールです。

 

HTMLメールが届いたら受けとる側によってはマナー違反と判断し、

読まずに削除してしまうかたくな人もいるようです。

 

承諾を得ている場合やよく知っている友人などを除き、

重要なメールや初めての相手に送る際には、テキスト形式で

送信することをお勧めします。

スポンサーリンク

送受信をテキスト形式に変更

「Liveメールボタン」をクリック

「オプション」までマウスポインタを持っていく

サブメニューの「メール」をクリック

 

メールオプションが表示される

テキスト形式メール
「読み取り」タブをクリック

「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックを入れる

テキスト形式メール

 

「送信」タブをクリック

下の「送信」のところで、「受信したメッセージと同じ形式で返信する」

のチェックを外します。

「メール送信の形式」で「テキスト形式」にチェックを入れる

テキスト形式メール

 

最後に必ず「OK」ボタンを押すのを忘れないこと

テキスト形式メール

最初にも書きましたようにごく少数にはなってきていますが、

「テキスト形式メール」しか受信できないメールソフトを

使っている方もおられるので、

送信相手がどのようなメールソフトを使っているのか

予め知っておくのも重要です。

まとめ・・・

また初めてメールを送る相手には、ちゃらちゃらした

「HTML 形式のメール」ではなく「テキスト形式のメール」

で送る、などの気配りも必要ですね。

 

それと今回の記事は以前のリライト記事なので

対象が「Windows_Liveメール_2012」となって

おり、大多数の方には申し訳ないのですが、ごく少数でも

まだLiveメールを使っている人もおられるということで

ご勘弁願います。

 

ただ、記事の趣旨は「メールの送受信はテキスト形式にしよう」

という内容なのでご理解いただけますようお願いします。

ご覧いただきありがとうございました。
参考になりましたら幸いです。