パソコンのCD/DVD/BDドライブにセットしたディスクが取り出せなくなった

パソコンのCD/DVD/BDドライブ

先程まですんなり使えていたのに何かの拍子で取り出しボタンを押してもCD/DVD/BDドライブが開かなくなるというトラブルは比較的よく起こります。このような場合パニックに陥ってドライバーなどで無理やりこじ開けようなどとせず、取り敢えず以下の対処法を試してください。対応手段は比較的多く、その大半はユーザー自身の手で実行しやすいものもあります。

それではひとつひとつ自分の手で症状を確認していきましょう。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)

動作させているアプリケーションを終了する

CD/DVD/BD の読み込み、または書き込みを行なっているアプリケーションを終了する。

読み込み、書き込み中は、エラー防止のためにドライブがロックされています。

ドライブのアクセスランプがチカチカ点灯している間は、何らかの処理が行なわれていますので、まずは読み込み、書き込みを行なっているアプリケーションを停止してみてください。

パソコンを操作して取り出す

パソコンがメディアが挿入されていると認識している場合には、「取り出し」という項目が選択可能になっています。これを選べば、再生アプリケーションが異常終了していてもメディアを取り出せます。

「スタート」から「コンピューター」を選び、取り出すドライブアイコンを右クリックし、「取り出し」を選択するとトレイが開いて排出できます。

パソコンを再起動し、Windowsが起動する前に取り出す

ドライブにアクセスするアプリケーションが強制終了したりエラーが起こったりすると、ドライブのロックが解除されないままになることがあります。

この場合、一度パソコンを再起動し、Windowsが起動する前にドライブの排出ボタンを押してみましょう。先程までいくら操作しても排出されなかったトレイが、あっさりと排出されることがあります。

強制イジェクトで取り出す

パソコン再起動からの「取り出し」でもダメだった場合は、最後の手段として強制で取り出して見ましょう。
ドライブの排出ボタンの奥には、小さな穴があり、更にその奥には小さなピンがあります。これはイジェクトピンといい、詰まってしまったドライブトレイを強制的に排出するためのスイッチです。

ドライブの横の小さな穴に細いピンを突っ込んで、奥のほうにあるイジェクトピンを押すとドライブが強制的に排出されます。穴に入る手頃な小さなピンが見当たらない場合は、クリップなどで代用して下さい。

イジェクトホール

ドライブが少し開く

先程の状態で穴の奥のボタンを押すと、ドライブが少し開くので、一気に引っ張らず優しく手で引き出します。

ただしこの方法は、強引にディスクドライブを開くことになるのでディスクやドライブが破損する恐れ(リスク)がありますので注意して下さい。

イジェクトホール

修理に出す

強制イジェクトで取り出せない場合に、ムリヤリ開けようとするとディスクやドライブが破損することもあります。ここまでやっても開かない場合は、修理を依頼することをおすすめします。

ドライブ内に入れたディスクが正しく入っていない場合や、CD/DVD/BDに貼られているラベルがはがれてドライブ内に引っかかっている場合が往々にしてあります。ドライブ内は殆ど隙間がないのでラベルなどはできるだけ貼らないようにした方がいいですね。

スポンサーリンク
FC-2から移動(レスポンシブ)
FC-2から移動(レスポンシブ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする