USBフラッシュメモリの安全な使い方

USBフラッシュメモリの安全な使い方 パソコンの基本操作
スポンサーリンク

このUSBフラッシュメモリですが、USBフラッシュドライブとか、USBフラッシュメモリ、また単にUSBとも呼ばれています。一般的にはUSBで通用しているようですね。
常日頃何気なく使っているUSBフラッシュメモリですが、大容量化・低価格化が進み、使っていない方はほとんどいないと思いますが正しい使い方をされていますか。簡単に使えるだけに間違った使い方をすると大切なデータが消えてしまったり、ウイルスに感染する被害に合うこともあります。今回は正しいUSBフラッシュメモリの使い方を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

USBフラッシュメモリの取り付け方

USBフラッシュメモリはパソコンのUSB端子に取り付けるだけで、音楽やデータなどを記録して持ち運びできる大変便利なもので、最近では持ってない人はおそらくいないんじゃないでしょうか。

またUSBフラッシュメモリの取り付け方はとても簡単で、USBフラッシュメモリをパソコンにあるUSB差込口に差し込むだけです。

USBの差込口には青色のものと黒色のものがありますが、基本的にはどの差込口にUSBフラッシュメモリを差しても使うことができますが転送速度は「青色」のほうがかなり速いです。ただし差込口も
フラッシュメモリ側も「青色」を使わないと速くなりませんのでご注意ください。

またUSBフラッシュメモリには向きがありますので、差込口を確認して取り付けましょう。入らないのに無理に押し込むと差込口を壊してしまいます。

スポンサーリンク

USBフラッシュメモリの取り外し方

USBフラッシュメモリは取り付けるときは、単に差し込むだけでよかったのですが、取り外すときはそのまま引き抜いてはいけません。

一般的な方法はパソコンのタスクバーにある、「ハードウェアの安全な取り外し」のアイコンをクリックしてから、USBフラッシュメモリを取り外しましょう。

正しい取り外し方を行わないと、USBフラッシュメモリに保存されているデータが破損する恐れがあります。

また取り外す場合によくあるのがUSBフラッシュメモリを持ち上げるようにして外している方を見受けます。

このようなやり方をしていると使っているうちに差し込み口がガタガタになってしまいUSBフラッシュメモリを差し込んでも認識されない、などのトラブルが起こります。抜き差しは必ず水平にするよう心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ・・・

いかがでしたでしょうか。単純なことですがUSBフラッシュメモリを抜き差しする場合でも慎重にやらないと故障の原因につながることがおわかりいただけたかと思います。

あと取り外し方ですが一番安全な方法があります。それはパソコンの電源が完全に「OFF」になってから、USBフラッシュメモリをパソコンから取り外すという方法です。

勿論、まだパソコンを使うよっていう場合は使えませんが、パソコン作業が終わった場合などにはこの方法が一番安全ですね。ぜひ覚えておいてくださいね。

コメント