Windows10初心者でも使えるショートカットキー9選はこれだ!!

作業効率大幅アップで腕も疲れませんパソコン関連色々
スポンサーリンク

デスクトップ上でウィンドウを切り替えたり、ファイルやフォルダを動かしたりする作業は、マウスで行うのが基本ですが、操作のたびに、キーボードとマウスの間で手を移動するのは、少しめんどうなときもあります。

キーボードを使ったショートカットキーを覚えれば、この問題を解決して、すばやく快適な操作を実現できます。今回はデスクトップやファイル操作を快適にするショートカットキーをご紹介します。

 

今回紹介するショートカットキーを覚えるだけで右肩の凝りが

かなり軽減されるのではないでしょうか(笑)

 

ショートカットキーにはそれぞれのソフト独自のショートカットキー

などもあるのですが、今回は、多くのアプリケーションで使える代表的な

「ショートカットキー」を9選ご紹介します。

 

マウスを使って選択した文字や範囲選択をコピーするには、

「編集」メニューをクリックから「コピー」を選択したり、

マウスの右クリックから表示されるショートカットメニューから

「コピー」する、という操作方法が一般的です。

 

このような方法よりも、ほんの少しでも操作が早くなれば

効率は上がるものです。

そこでコピーのショートカットキーのご紹介です。

有名なショートカットキーなので

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・

スポンサーリンク

『コピーのショートカットキー』

コピーしたい部分の先頭にカーソルを合わせ、[Shift] キーを押しながら

[→] キーを押して選択します。

勿論マウスで選択してもOKですよ。

 

選択し終わったら、[Ctrl] キーを押しながら [C] キーを押します。

 

これでコピーが完了です。ちなみにコピーとはコピーした部分がパソコンの

クリップボードという場所に記憶されています。

また、範囲選択した部分はそのまま残ります。

『切り取りの時は・・・』

切り取りしたい部分の先頭にカーソルを合わせ、

[Shift] キーを押しながら [→] キーを押して選択します。

勿論マウスで選択してもOKです。

選択し終わったら、[Ctrl] キーを押しながら [X] キーを押します。

 

これで切り取り完了です。

 

切り取りは文字通り選択範囲した部分が切り取られます。

切り取った場合でもその部分はパソコンのクリップボード

という場所で記憶されています。

『貼り付けの時は・・・』

 

コピーをしたらその次に行う操作といえばもちろん貼り付けですね!

貼り付けをしたい部分にマウスポインターを合わせます。

 

次に[Ctrl] キーを押しながら [V] キーを押します。

 

これで貼り付け完了です。

コピーした部分や切り取りした部分が貼り付けられます。

 

つまり

コピーは  [Ctrl+C]

切り取りは [Ctrl+X]

貼り付けは [Ctrl+V]

 

ここまでOKですね。

 

それではあと2つ覚えて下さい。

 

 

『全てを選択の時は・・・』

 

WordやExcelなどの全ページを選択。

あるいはフォルダの中の全てのファイルを選択するなど。

何ページもある文書を選択するのは大変ですよね。

そのような場合に使います。

 

[Ctrl+A]

 

使い方としては

[Ctrl+A]ですべてを選択

コピーする場合は[Ctrl+C]

貼り付けの場合は[Ctrl+V]

つまり全てをコピー選択して、

貼り付けるという作業になります。

 

『保存する場合』

「編集」や「ファイル」といったメニューまでマウスを持っていかなくても

簡単に保存作業をしてくれます。

 

[Ctrl+S]

 

これだけで保存が完了です。

文書などを作っている時に時々[Ctrl+S]をやっておくと

保存されるので何かトラブルがあっても安心ですよね。

 

いかがでしたでしょうか!

 

コピーは  [Ctrl+C]

切り取りは [Ctrl+X]

貼り付けは [Ctrl+V]

全選択   [Ctrl+A]

上書き保存 [Ctrl+S]

 

あらゆる操作を一発でキャンセル

 

パソコンを使っていて、はずみでどこかに触れてしまい

よくわからないメッセージやメニューが出てしまった・・・・

という経験はありませんか。

 

こんな時は迷わず [Esc] キーを押しましょう。

 

[Esc]とはEscape の略字で、日本語に訳せば「逃げる」とか

「回避する」という意味になります。

 

なお [Esc] キーを押しても今までの操作がすべてキャンセル

されるわけではなく、あくまで直前に行った操作が

キャンセルされるだけです。

 

この [Esc] キーは殆どのパソコンでキーボードの一番左上にあると思います。

 

その他の便利なショートカットキー

 

[Ctrl+Z]: おこなった編集操作を直前の状態に戻す。

押した回数だけさかのぼることができる

 

[Ctrl+Y]: 一つ前に行った操作を繰り返す。

      [Ctrl+Z]のあとに押すとやり直しを無効にできる

 

[Ctrl+P]: 「印刷」ダイアログボックスを呼び出す。

まとめ・・・

ここまで覚えてくれましたか。。。。これだけ覚えるだけでコピー作業や

切り取り作業は本当に楽にできるようになり、WordやExcelのスピードは

かなり向上しますよ。

 

これらのショートカットキーは、WordだけでなくExcelでもメールなど

Windows全般の操作でも基本的に使用することができますのでどんどん

使って下さいね。

 

 

 

コメント