Windows Liveメールの【開封確認通知】ってご存知ですか?

開封確認通知って知ってる

マイクロソフトのアウトルック エクスプレス、Windowsメール、その後継になっているWindows Liveメールには、メールを送信するときにこの開封確認通知設定をしておくと、受信者がメールを開封すれば自動的に開いた時間などを送信元に通知してくれる仕組みです。

スポンサーリンク

Windows Liveメールの【開封確認通知】ってご存知ですか

WindowsLive メールやアウトルック、それに私が使っている Becky! などにはこの開封確認通知機能があります。

通常、メールは出しっぱなしで、相手がいつ開いたかどうかまでは分かりませんが、この機能を使うと確認が出来ます。

開封確認通知メールは返事が返ってきたらラッキーと思え!

また開封確認通知メールは相手がアウトルック エクスプレス(またはアウトルック)を使っていることが前提です。

相手が違うメールソフトを使っていたり、ウェブや携帯でメールを閲覧している場合には開封確認通知メールは意味がありません。

ですので開封確認通知メールは絶対的なものではなく、届いて返事が返ってきたらラッキーという程度のものです。

ただ、この機能はメールを出す側から見れば便利に思えるかも知れませんが、私はこのようなメールを貰うと余りいい気はしません。

自分自身が「余りいい気はしない」ので当然普段から使ってはおりません。
なので、どうしても「早く見て欲しい」とか「早く返事が欲しい」場合は電話で連絡します。

スポンサーリンク

迷惑メールにも付いているものがある

また近頃は迷惑メールにもこの開封確認通知が付いている場合があるそうです。

私は「開封確認通知は出さない」に設定しているので見たことがありませんけど・・・・。

で、このような迷惑メールに開封確認通知を送信してしまったらメールアドレスが生きているのを教えてしまうので非常に危険です。スパムメールが押し寄せてくるかも知れません。

では、どうしたらいいの!

で、この開封確認通知ですが、受信者側でどう処理するか決めることができます。

通常この開封確認通知はしなくていいので、もし次の様なダイヤログボックスが出た場合「いいえ」のボタンをクリックします。

どっちにしても鬱陶しいから出したくない!

この様な表示はメールソフトの設定で、最初から出さないようにすることができますので、WindowsLive メール 2011 でその方法を説明しますね。

WindowsLive メール 2011(2012)での設定方法

「送信するメッセージすべてに対して、開封確認メッセージを要求する」のチェックは入れない。

「開封確認メッセージの送信」欄では

「開封確認メッセージを返信しない」にチェックを入れる。

メニューバーの「WindowsLive メール」ボタンをクリックするとサブメニューが出る。

「オプション」までマウスポインタを移動すると再度メニューがでる。

「メール」をクリック。

「オプション」のダイヤログボックスが開きます。

「確認メッセージ」タブをクリックします。

「開封確認メッセージの要求」欄では

最後に「OK」ボタンのクリックを忘れないこと。

これで自分からも開封確認メッセージの要求はしないし、相手からの開封確認要求は無視することができます。

まとめ

開封確認通知メールはケースバイケースで使うのがよさそうです。

重要なメールは開封確認通知メールにしてもかまいませんが、

本文の冒頭で、開封確認通知メールにした主旨などを

説明するべきでしょう。

説明なしで開封確認通知メールを送るとメールを受領した相手に

不快感を与えてしまいます。

相手の気持ちに配慮することが重要です

結論としてはメールの開封確認通知は出さないようにするのが
良いようですね。

ご覧いただきありがとうございました。
参考になりましたら幸いです。